2017年のSUPER GTもいよいよ終盤戦。残すは海外戦のタイと最終戦のもてぎとなりました。終盤戦のゆくえを占う意味でも、8月26〜27日に鈴鹿サーキットで行われたSUPER GT第6戦「第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km」でのSUBARU BRZ GT300の戦いぶりを振り返ってみましょう。

予選順位は8番手。鈴鹿が得意といわれていたSUBARUとしては不本意な順位かもしれません。昨年に比べても0.5秒ほど遅いタイムとなっていますが、ここは予選日朝のフリー走行でのトラブル発生などで満足に走行することがかなわなかったことが原因とのことです。

しかし、そんな状況下であってもQ2へ進出を果たしたのはチーム力の賜物では無いでしょうか。

そんなSUBARUチームを応援するために多くのスバリストたちが鈴鹿サーキットに訪れました。決勝日の朝にはSUBARUブースの前でスバリストの大応援団が総決起集会を開き、チームへのメッセージを書き綴った寄せ書きを行うなど、スバリストの熱い気持ちが伝わってきます。

そんなスバリストたちが集う応援シートはピットのまん前。SUBARUのレースクイーンBREEZEも寄せ書きを持って応援シートのスバリストに応えます。

27日の12時38分、長い1000kmレースのスタートが切られました。このレースは鈴鹿サーキットの長い歴史の中で伝統となった1000kmレースのファイナルとなります。その記念すべくレースをSUBARUはどのように戦うのかに注目が集まります。

鈴鹿サーキットは東西に長いコーナーリングコースですが、メインストレートと西ストレートの2本のストレートがあります。この2本のストレートでのハンデをいかにコーナーリングとブレーキングで詰めていくかが勝負の分かれ目となります。

S字コーナーからスプーンカーブに至るコーナーリングセクションでは前を走るライバルをギリギリまで追い込んでいきます。しかし、ストレートに至るまでに抜ききることが出来ません。このスパイラルが延々と続きます。

そのスパイラルを打破する作戦としてピットワークがあります。鈴鹿1000kmではドライバー交代を伴う義務ピットインが5回に設定されているために、1回のピット時間を短縮すれば5回ともなれば大きなアドヴァンテージとなります。

ピットワークではタイヤ交換がかなりの時間を占めます。そのタイヤ交換でBRZの強みが出てきます。フロントタイヤにやさしいマシンの設計のためピットイン5回のうち2回はリアタイヤのみの交換、そして1回は無交換でピットアウトし、作業時間を短縮。

その甲斐もあって、中盤頃には3位にまでポジションをアップすることに成功。その後も粘りながら7位でフィニッシュを迎えます。

レース後には井口選手も山内選手も悔しさを隠してはいませんでしたが、山内選手は「現状のルールの中ではベストなレースをしたかもしれません」とも語っていました。

しかし辰己監督は「ドライバーの働きに応えられなかったかもしれない。予選で前に出ていないといけない状況でしたが予選順位が低迷したのが最後まで響いた」と述べ険しい表情を見せていましたが、「しかしエンジンパワー以外ではもう負ける要素は無いかもしれない」と力強い言葉も述べられていました。

「応援していただいているファンの方に応えるためにも終盤戦は取りこぼさない」と終盤戦への意気込みを語っていただいた辰己監督。

現在のポイントでいけば、タイともてぎの両方で優勝すればまだチャンピオンの見込みが残っているSUBARU BRZ GT300。次戦のタイはタイヤ無交換作戦も視野に入るサーキットであるため、タイヤにやさしいBRZにはワンチャンスあるといってもいいのではないでしょうか。

次戦は10月7〜8日にタイのブリーラム、チャン・インターナショナル・サーキットで開催される、第7戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round7 Chang SUPER GT RACE」。現地で観戦するのは難しいという方のために各チームやメーカーがパブリックビューイングを予定しています。SUBARUのパブリックビューイングはスバル恵比寿ショールームで10月8日の16時30分から開催。詳しくは公式サイトの情報をご覧下さい。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

SUBARU STAR SQUARE SUPER GT 第7戦パブリックビューイングを開催!
https://www.subaru.jp/showroom/event/2017super-gt-7/

終盤戦の飛躍をめざす、SUBARU BRZ GT300の鈴鹿ラウンドを振り返る【SUPER GT2017】(http://clicccar.com/2017/09/28/515583/)