タイ・バンコクの最高裁判所に到着し、報道陣に向かって話すインラック・シナワット前首相(2016年2月17日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】タイの前首相で、職務怠慢の罪で有罪判決を受けたインラック・シナワット(Yingluck Shinawatra)氏について、同国軍事政権のプラユット・チャンオーチャー(Prayut Chan-O-Cha)首相は28日、国外に逃亡中の同氏がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)にいると明かした。インラック氏は前日、判決公判に出廷しないまま禁錮5年の判決を言い渡されていた。

 プラユット首相がインラック氏の居場所について明確に言及したのは、同氏が先月に国外逃亡して以降初めて。

 コメ買い上げ制度における汚職と損失に対応しなかったとして起訴されたインラック氏は、判決が言い渡される前に国外へ逃亡。タイ最高裁判所は27日、同氏不在のまま職務怠慢の罪で禁錮5年の判決を言い渡した。

 2014年のクーデターでインラック政権を倒したプラユット首相は、同氏が「今ドバイにいることを外務省から聞いた」と述べた。

 インラック氏の兄であるタクシン・シナワット(Thaksin Shinawatra)元首相もドバイに家を所有している。

 プラウィット・ウォンスワン(Prawit Wongsuwan)国防相は、インラック氏が「ドバイにいるのは良いことだ」とし、「犯罪人引き渡し条約を結んでいないが…ドバイ当局はわが国の外務省に対し、インラック氏にいかなる政治的な動きも認めないと通知してくれている」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News