フィジカルトレーナーの役割とアプローチ法とは【写真:Getty Images】

写真拡大

体の弱点を強くする専門家…ゼロを「10」「20」の状態にするのがメインの役割

 スポーツ選手の活躍の陰には、本人の努力はもとより、スタッフの働きがあることも見逃せない。「THE ANSWER」では、フィジカルトレーナー兼フィットネスモチベーターの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーナーを語る定期連載をスタート。第1回のテーマは「フィジカルトレーナーの役割とアプローチ法」だ。

◇ ◇ ◇

 昨今では、プロスポーツ選手のサポートスタッフとして、トレーナーが着目される場面も増えてきました。とはいえ、トレーナーにもさまざまな専門分野があることまでは、一般的には知られていないようです。マッサージや針治療で筋肉のコンディションを整える方もいれば、試合中のアクシデントの際、テーピングなどで素早く対処することが得意な方もいます。必要とされる技術も異なり、一つのチーム、選手をいろいろな専門分野のトレーナーが分業してサポートしています。

 私の仕事は「フィジカルトレーナー」になります。そう自己紹介をすると、よく「筋トレを指導する人ですね」と言われますが、正確には「体の弱点を強くする専門家」です。故障した選手の体をマイナスとしたら、本来のゼロの状態に戻すのがコンディショニングトレーナー。ゼロを「10」「20」の状態にするのがフィジカルトレーナーの役割です。

 もう少し具体的にお話ししましょう。サッカーやテニスで「あと一歩」のところで脚が届かない選手がいたとします。私たちフィジカルトレーナーは彼らの動きを見て、なぜ思い通りに動けないのか? 柔軟性の問題か? そうであれば、どこの筋肉が短いのか? などフィジカルの視点から見て分析し、要因を見極めます。そして、準備体操、ストレッチ、筋トレ、有酸素運動を使い、改善の処方を組み立てます。

 私が最も得意とするのは「障害の予防」です。現在の体の動きを見ると、この先、どんな障害を起こすかが、タイムマシンで見てきたかのように分かります。そして、未来の障害を防ぐための処方箋を考えるのです。

詳細な見立てをして体の動きや変化を自覚できると、メニューの「信頼度」もアップ

 しかし、残念ながらあまり感謝されることがありません(笑)。故障を治す仕事は一目瞭然ですが、動作の改善、ましてや障害予防となると結果が分かりにくい。「中野さんのトレーニングは本当に効いているの?」などと言われることもしばしばです。

 ですから、選手や監督には、何のためにこのメニューをやるのか、いつ頃、どう体が変化していくのかを明確に、そして本人がイメージできるようシンプルに道筋を立てて伝える工夫をしています。ただ、トレーニングメニューを組んで課すだけでは、選手のやる気にもつながらず、上手くいきません。最初にスペシフィック(詳細)な見立てをし、その通りに体や動きの変化を自覚できると、選手のモチベーションが上がり、メニューの信頼度も上がります。

 近年では青山学院大学の駅伝チームが連覇を達成したことで、彼らに指導した体幹トレーニングが話題になりました。でも、私が指導を始めた当初は、「安定するとフォームが良くなり、走りも良くなる」と伝えていたものの、1回2回では何も変わらないので、原晋監督も半信半疑だったと言っています。「走りが変わってきた」「腕の振りが良くなっている」と監督が気づいたのは、最初のトレーニングから4か月後、8月の夏合宿のこと。その頃には真剣に取り組んでいた選手はタイムも上がり、体幹トレーニングが必要とされた意味も理解できたようです。

 スポーツの結果は、積み重ねてきたトレーニングの量や質、モチベーション、経験、環境など様々な要因が重なり導かれるもの。ゆえに、フィジカルトレーナーの仕事は非常に評価されにくい。それでも体のことをあれこれ考える日々に、面白さとやりがいを感じます。人の体を「ゼロからプラスにする」。私はこの仕事が大好きです。

長島恭子●文 text by Kyoko Nagashima

◇中野ジェームズ修一
1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー、フィットネスモチベーター。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

◇長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)など。