アクション映画『悪女/AKUJO』公開へ キム・オクビン、ノースタントで戦闘シーンに挑む

写真拡大

 韓国映画「THE VILLAINESS/悪女」が『悪女/AKUJO』の邦題で、2018年2月に日本公開されることが決定した。

参考:イ・ジョンジェら、韓国映画界の実力派が演技バトル! 『オペレーション・クロマイト』の心理戦

 本作は、第70回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門にて上映されたヒロインアクション映画。犯罪組織の殺し屋として育てられ、最愛の人を殺された一人の女性が、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み、愛と裏切りに翻弄されながら“悪女”と化していく模様を描く。

 愛する人を殺され、運命に翻弄される女殺し屋役を、『渇き』『高地戦』のキム・オクビンが演じる。撮影前に長期猛特訓を経て、日本刀から自動小銃、ハンドガンから手斧まで多彩な武器を使いこなす戦闘シーンのほぼ全てをノースタントで挑んだ。共演には、『JSA』『トンマッコルへようこそ』のシン・ハギュン、TVドラマ『上流社会』のソンジュンらが名を連ねる。

 メガホンを取ったのは、『22年目の告白 -私が殺人犯です-』のオリジナル作品である『殺人の告白』のチョン・ビョンギル監督。敵対組織のアジトに単身乗り込んだヒロインが数十人もの敵と死闘を繰り広げる様を、FPS(First Person Shooting)ゲームやVR映像を彷彿とさせる一人称視点映像で捉えている。(リアルサウンド編集部)