代表復帰を果たした遠藤(左)と倉田(右)photo/Getty Images

写真拡大

日本サッカー協会(JFA)は28日、キリンチャレンジカップ2017へ挑む招集メンバー24名を発表した。

ロシアW杯へ向けて、選手たちに競争力のアップを求めるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は今回、フランクフルトMF長谷部誠やパチューカFW本田圭佑、レスターFW岡崎慎司らを選外にした。一方で、川崎フロンターレDF車屋紳太郎をA代表に初招集。さらに、浦和レッズMF遠藤航やガンバ大阪MF倉田秋が6月以来の復帰を果たしている。

なお、復帰となった2選手はクラブの公式サイトを通じて、次のようなコメントを発表している。

・遠藤航
「日本代表に選出していただき、大変うれしく思います。まずはチームの勝利に貢献できるよう全力をつくすと共に、個人としてもしっかり特長を出して、アピールしていきたいと考えています。応援、よろしくお願いいたします」

・倉田秋
「また日本代表に選ばれることができて光栄です。W杯本戦に選ばれる為にも、今回の代表で練習からしっかりアピールしてきたいと思います!」

発表されたメンバーは、10月6日に豊田スタジアムでニュージーランド代表と(19:20キックオフ予定)、同月10日に日産スタジアムでハイチ代表と(19:30キックオフ予定)相見える。「多くの選手にチャンスを与える」とハリルホジッチ監督は記者会見で述べていたが、復帰した2人はそのチャンスを活かすことができるのか。ロシアW杯の招集メンバー入りを目指して、代表内で「アピール合戦」が始まる。