父・丸山茂樹(右)、母・瑞穂さんに挟まれ笑顔の奨王(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ザ・プレジデンツカップ 事前情報◇28日◇リバティ・ナショナルGC(7,328ヤード・パー71)>
2年に1度開催される米国選抜と世界選抜(欧州を除く)の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」が現地時間28日(木)より開幕を迎える。開催に先立ち、ニュージャージー州のプレーンフィールドCCにて25日(月)から2日間の日程で「ジュニアプレジデンツカップ」が行われ、米ツアー3勝・丸山茂樹の息子・奨王(ショーン)が出場した。

第1回目の開催を迎える今大会は、ザ・プレジデンツカップと同様に12歳〜19歳の男子選手による米国選抜と世界選抜で争われ、ホームの米国選抜が14-10で勝利。初代王者に輝いた。
世界選抜の一員として参戦した奨王は、フォアボールとフォアサムで行われた初日のダブルスマッチこそ敗北を喫したが、最終日のシングルスマッチではターナー・ホッシュを相手に終始試合を優位に進め、5&3で白星を挙げた。
米国在住の奨王は日本の高校3年生にあたる米キャンベルホールスクールの12回生。昨年の6月には米国で最古のジュニア大会「ウェスタン・ジュニア選手権」で優勝を飾っており、今後の活躍が注目されている。
本家のザ・プレジデンツカップは今大会で12回目の開催を迎え、過去の戦績は米国選抜が9勝1敗1分け。唯一、世界選抜が勝利を挙げた1998年大会には丸山茂樹が世界選抜の一員として出場し、5戦全勝と獅子奮迅の活躍を見せ、MVPに選出される快挙を果たしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

シュワーツェルは松山英樹とのタッグを歓迎「自分たちのゲームをすれば勝てる」
松山英樹に復調の兆し!丸山茂樹「ようやく“最悪”から抜け出せた」
シード権獲得なるか!石川遼 生き残りをかけた最終戦へ
石川遼、生き残りへの条件は?ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集
松山英樹、今シーズンを終えて感じた課題は?