2回目出場となる大会でリベンジを狙う!(撮影:GettyImages)

写真拡大

シンガポールのセントーサゴルフクラブにて2018年1月18日(木)より開催される国内男子ツアーとアジアツアーの共同主管大会「SMBCシンガポールオープン」。日本ゴルフツアー機構(JGTO)は今月25日、同大会にルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)の参戦が決まったことを発表した。
笑顔でグリーンジャケットに袖を通すガルシア
ウーストハウゼンは2010年の「全英オープン」で優勝を飾り、「SMBCシンガポールオープン」については2012年大会に初出場するもプレーオフの末に惜しくも敗れた経験を持つ。「シンガポールオープンにやり残した事がある」とコメントし、2度目の出場となる今大会でリベンジを狙う。
ウーストハウゼンは、「2018年のスタートをSMBCシンガポールオープンで迎えられる事は私にとってとても重要で意味があることだと思っています。またこの大会でプレーできる事を楽しみにしています」と大会への意気込みを語った。
また今年8月には、今季「マスターズ」でメジャー初優勝を果たしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)の出場も発表されている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズ覇者、ガルシアが18年も「SMBCシンガポールオープン」に参戦
175cmでも“350ヤード当たり前” ガルシアが示した可能性
【PGAツアー動画】2日目ハイライト ウーストハウゼンとスタンレーが通算9アンダーで首位タイ
松山はウーストハウゼンらと、池田&谷原は同じグループで激突
“軽ヘッドバランス”はブームとなるか!?池田勇太が「C6」⇒「C5」へ