京成電鉄、山崎製パン、JA成田市、JA全農千葉は、「ランチパック 成田市産スイートポテト入りクリーム&ホイップ」を共同開発し、9月28日より京成電鉄沿線のスーパーやコンビニで発売する。

JA成田市が千葉県成田市で収穫したさつまいも「クイックスイート(甘芋ん<あまいもん>)」を使用し、甘すぎないホイップを加えることで食べやすく仕上げた。3世代の「スカイライナー」と京成カードのキャラクター「京成パンダ」、ランチパックのキャラクター「ランチちゃん・パックくん」に京成電鉄の制服やパンダのコスチュームを着せてパッケージに印刷した。

京成電鉄は中期経営計画で沿線企業との連携強化を掲げており、1948年に千葉県市川市で創業し、現在も千葉県内に工場を保有している山崎製パンとコラボした。

9月28日よりリブレ京成各店舗で先行発売を開始し、10月1日より千葉県内のスーパーやコンビニを中心に発売する。発売期間は11月30日までを予定している。