27日、中国では平均収入の増加に伴い、整形手術を受ける人が爆発的に増えている。資料写真。

写真拡大

2017年9月27日、環球時報(電子版)によると、中国では平均収入の増加に伴い、整形手術を受ける人が爆発的に増えている。今年は前年比42%増の約1400万人が整形手術を受ける見通しだ。

仏・欧州時報によると、中国では就職に有利などの理由で整形手術を受ける人が増え、関連産業は爆発的に拡大している。美容外科に相談に訪れる人は後を絶たず、特に大都市で増えている。

35歳のある女性は老化を恐れるあまり、友人たちと同じように整形外科医に助けを求めた。二重まぶたの手術、鼻の形を微調整する手術を選択。中国では二重の大きな目にするのが流行しているためだ。ところが女性は手術後、医師からあごを削って「V字型の顔」にする手術を勧められた。感染症や顔面まひの危険があることも説明されたが「ただ美しくなりたい」ために同意したという。

22歳のある女性は、17歳で初めて整形手術を受けた。その後、鼻、あご、目、体などに12回にわたる手術を受けた。女性は「整形することに夢中になり、永遠に自分の外見に満足できなくなった」と話している。(翻訳・編集/大宮)