今季はリーグ戦とACLで全試合に出場する車屋。タフネスぶりを発揮している。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 2017年9月28日、10月のニュージーランド戦、ハイチ戦を戦う日本代表のメンバーが発表され、川崎の車屋紳太郎が初選出された。
 

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「左利きの左SBを探していました。攻撃でも守備でも非常に役割が求められます。(車屋は)攻撃も守備もできると考えています」と選出理由を説明した。
 
 車屋は今季、リーグ戦27試合とACL10戦すべてに先発出場するなどタフネスぶりを発揮。ACL準々決勝・第2戦の浦和戦では一発退場を命じられ、チームも逆転負けを喫したが、続く26節の清水戦では真骨頂のオーバーラップからゴールをアシストして存在意義を示した。
 
 さらに序盤戦ではCBでも起用され、安定したディフェンスを披露。「守備もできる」とという指揮官の評価にも頷ける。
 
 焦点は初の国際Aマッチで普段通りのパフォーマンスを見せられるかだ。「どのレベルまでできるかが見たい」とハリルホジッチ監督も話している。もっとも、日本代表クラスで左利きのSBは少ないだけに、アピールに成功すれば評価を一気に高められる可能性はある。
 
【PHOTO】ニュージーランド戦、ハイチ戦に臨む日本代表メンバー24人