画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝エルイートレーディングは9月28日、バッテリーを内蔵し、持ち運びできるパーティースピーカー「TY-ASC60」を発表した。10月中旬から発売し、価格はオープン、推定市場価格は18,000円前後(税別)の見込み。

最大出力60WのBluetooth 2.1対応スピーカー。スマートフォンのワイヤレス接続をサポートし、有線接続用にライン入力端子も備える。また、USB 2.0ポート×2基を備え、USBメモリに保存したMP3ファイルの再生も可能。

30W×2基のスピーカーと「BASS強調機能」により、重低音を強調し迫力あるサウンドを楽しめる。100V電源で動作するほか、バッテリーも内蔵しており、バッテリー駆動時間は約5時間。スピーカー部は青/赤/緑/紫/淡緑/シアン/白の7色で光り、スピーカーの外周部は青と赤の2色で発光する。点灯モードはスピーカー部が8種類、スピーカー外周部は3種類から選択可能だ。

マイクは2本まで接続でき、カラオケなどのデュエットに対応。マイクエコー機能も搭載する。プリセットイコライザーやワイドFM対応のチューナーも内蔵している。本体サイズはW259×D272×H595mm、重量は屋k7.0kg。