レディオヘッド、作曲家ハンス・ジマーとのコラボが遂に公開

写真拡大

 レディオヘッドと作曲家ハンス・ジマーの待望のコラボレーション、「オーシャン(ブルーム)」が公開された。2017年9月27日に放送されるBBC Earthの『ブルー・プラネットII』の5分間の前編のサントラとして使われている。

 このコラボはレディオヘッドの2011年のアルバム『ザ・キング・オブ・リムズ』に収録されている「ブルーム」がベースになっており、BBCコンサート・オーケストラがジマーの指揮のもと演奏している。

 フロントマンのトム・ヨークは以前プレスリリースで、「“ブルーム”はもともと“ブルー・プラネット”シリーズにインスパイアされた曲だったので、一巡してこのとてつもない画期的な番組の続編のために再考できたことは素晴らしい」とコメントしていた。

 またジマーについてヨークは、「ハンスは複数の音楽ジャンルを軽々とまたぐとてつもない作曲家であり、彼ほどの才能と仕事をし、彼がどうやって“ブルーム”とシリーズの音楽を織り交ぜるのかを見るのは僕たち全員にとって解放感があった」ともコメントしている。ジマー、ヨーク、そしてレディオヘッドのギタリストのジョニー・グリーンウッドはBBC Radio 6 Musicでこのコラボについて対談している。

 ハンス・ジマーは数々の賞を受賞している映画音楽の作曲家として知られており、代表作には『ライオン・キング』、『クリムゾン・タイド』、『インターステラー』、『ラストサムライ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどがある。


◎レディオヘッドによる投稿
https://twitter.com/radiohead/status/912995315527151616

◎インタビュー音源
http://www.bbc.co.uk/programmes/b095g5mw