中村千尋 新作ビジュアルは『やれたかも委員会』吉田貴司による描き下ろし

写真拡大

 11月8日にミニアルバム『女の袋とじ』をリリースするシンガーソングライター 中村千尋。今作のキービジュアル&アーティスト写真が公開された。

 今作は「カサネテク」を企画したCMプランナー 関俊洋と中村千尋が再びタッグを組み、「普段見せることのない女性たちのホンネ」を描くことをコンセプトにした作品。歌詞を関俊洋、中村千尋で共作した「潮時チェッカー」、「失恋の神さま」など、女子の“あるある”を徹底的に追求した内容となっている。

 そんな今作のジャケットは、リアルで生々しいエピソードが読者の共感を呼び瞬く間にネットで拡散され話題となった漫画『やれたかも委員会』の作者である、吉田貴司による完全描き下ろし。

 表ジャケットは生活感あふれる部屋で女性が一人寂しく足の爪を切っているという、ミニアルバムに収録される各作品に登場する女性達のホンネが垣間見えるようなビジュアルだ。リアジャケットは『やれたかも委員会』のパロディーとなっており、中村千尋本人も吉田貴司テイストで登場する。


◎リリース情報
ミニアルバム『女の袋とじ』
2017/11/8 RELEASE
NCRO-0001 1,500円(tax out.)
収録曲:
1.失恋の神さま
2.潮時チェッカー
3.A子さんとBくん
4.あたしにおっぱいがあったなら
5.カサネテク
6.あたしなんて