書道家による『世界で1番難しい漢字』に驚きの声! 「スゴすぎて笑った」

写真拡大 (全3枚)

世界で1番難しい漢字

そう呼ばれる『とある漢字』を、あなたは知っていますか。

『世界で1番難しい漢字』を書道家が書く!

そんな『世界で1番難しい漢字』を筆で書いたのは、世界で活躍する若手書道家の青柳美扇(あおやぎ びせん)さん。

思わず見惚れてしまう、美しい筆運びをご覧ください!

こ、この漢字は一体何なのでしょうか。おそらく、ほとんどの人は目にしたことがないことでしょう。

動画に対し、「あまりにも字が美しい…!」というコメントと同様、「なんだこの漢字は!」という声が上がっています。

この漢字の読み方は『ビィアン』。中国の陝西省で一般的な麺料理・ビャンビャン麺の『ビャン』の字として使用されます。

つまり、ビャンビャン麺を漢字で書くと、こうなるのです。

『ビャン』の1文字で58画なので、『ビャンビャン麺』を漢字で書く場合は、134画ということに…!たった3文字のはずなのに、手が疲れてしまいそうですね。

ちなみに、中国出身の人に聞いてみたところ、「この漢字は中国人すべてが知っているわけではなく、陝西省を訪れたことがある人が『1番難しい漢字』として知っている、という程度」とのことです。

今回、動画で『ビィアン』の字を書いた青柳さんの作品は、ウェブサイトやSNSなどで見ることができます。

見ているだけで心が落ち着く美しい字の数々を、ぜひご覧ください!

【青柳美扇】

1990年4月21日 大阪府生まれ。
世界中を魅了する、美扇の書道パフォーマンス。
躍動感あふれる力強い、凄まじいオーラを放つ圧巻のパフォーマンスを世界各国で披露している。

ウェブサイト:女性の書道家/書家 青柳美扇
Twitter:@aoyagibisen
Instagram:aoyagibisen
Facebook:青柳美扇(Aoyagi Bisen)
使用筆:美扇筆-半紙-

[文・構成/grape編集部]