両チームともに攻撃的なスタイルが印象的だった

写真拡大

 今シーズンより、元日本代表の松井大輔がポーランド2部リーグの「オドラ・オポーレ」へ移籍したことは、サッカーファンの間でも話題になった。松井は以前もポーランド1部の「レヒア・グダニスク」に所属していたが、馴染みがないという人がほとんどだろう。しかし、昨年のUEFAチャンピオンズ・リーグには名門「レギア・ワルシャワ」が20年ぶりに本選出場、代表チームは現在FIFAランキング世界6位と、実はなかなかの強豪国なのである。

◆地元ニュースは松井を「スターが復帰」と紹介

 香川真司の元同僚で、現在はバイエルン・ミュンヘンでプレーするロベルト・レヴァンドフスキなど、世界的ビッグネームも生まれているポーランド。現在、1部リーグには日本人選手はいないが、2部には松井を含め、3人の日本人選手がプレーしている。‘14年の『デイリーメール』紙の発表によれば、ポーランドリーグの平均年俸は約2000万円。同調査によればJ1は約2300万円なので、日本よりはやや給料は低めだ。

 多くの日本人選手がプレーしているわけではないが、それだけに与える印象は強いのかもしれない。今回の移籍でも地元のニュースサイト「trojmiasto.pl」は「レヒアの元スターが日本からポーランドに復帰」と好意的に取り上げている。「オドラ・オポーレ」のクラブ公式サイトによれば、スタジアムの座席数は3300。J2のスタジアム基準が1万席以上であることを考えると、かなりコンパクトだ。

 もちろん、1部には数万人規模のスタジアムを持つクラブも存在する。松井が以前所属していたレヒアのホームスタジアムも4万1620席と大規模。ポーランドでは‘12年にウクライナと共同開催されたEURO (欧州選手権)以降、スタジアムのインフラも整えられ、強豪チームはチャンピオンズ・リーグやヨーロッパ・リーグにも出場している。

 欧州サッカーというと煌びやかなトップリーグばかりが注目されるが、それらを支えるのは地元に根ざしたフットボール文化と下部リーグの存在だ。ただでさえ、日本人からすれば謎の多いポーランドリーグ。その最深部は果たしてどうなっているのか探るべく、中部に位置するクヤヴィ=ポモージェ県の古都・トルン郊外で5部リーグの試合に潜入した。

 トルンは世界遺産にも登録されている中世都市。地動説を唱えたコペルニクスが生まれた都市として知られる街だ。その中心部から車で走ること約30分、観に行ったのは「オクレングフカ」と呼ばれる5部リーグの開幕戦だ。

 対戦カードは地元のチーム、「ムスタング・オスタシェヴォ」対「ヴォヨブニク・ヴァブチュ」。思わず舌を噛んでしまいそうなチーム名、どちらが強いのかも謎だが、はたして楽しめるのだろうか……。

 グラウンドに到着すると観客はおろか、選手も誰1人いない。辺りは見渡す限り田んぼが広がっている……。とはいえ、グラウンドは天然芝で、200〜300人は入れそうなスタンドもあり、ベンチも屋根がついていて本格的だ。駐車場を挟んでグランドからわずか1分の距離に、質素だがクラブハウスもある。

 こうしたインフラにはEUからの助成金が与えられており、郊外での生活を向上させる目的があるとの説明書きがあった。何万人も入る大きなスタジアムだけでなく、こうした草の根レベルでの設備投資が行われているところに、欧州フットボール文化の深みを感じた。

◆日本よりもシュートやドリブルへの意識が強い

 そうこうするうちに気づけばキックオフの時間。11時試合開始だが、ガラガラだった駐車場も埋まり、スタンドには老若男女、幅広い世代の30〜40人ほどのサポーターが。入場無料で売り子もいないので、各々ビールを持ち込んでのんびりと観戦している姿は牧歌的だ。グラウンド外に自分で持ち込んだイスを置いて観戦する近所の人も見られた。