W杯出場を決めた日本代表 photo/Getty Images

写真拡大

日本サッカー協会(JFA)は28日、キリンチャレンジカップ2017へ挑む招集メンバーを発表した。なお、発表されたメンバーは、10月6日に豊田スタジアムでニュージーランド代表と(19:20キックオフ予定)、同月10日に日産スタジアムでハイチ代表と(19:30キックオフ予定)相見えることとなる。

無事アジア最終予選を突破し、6大会連続でW杯出場を決めた日本代表。今後のことを「全く別の世界」と述べたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は今回、24名を招集した。遠藤航や倉田秋が復帰する中、長谷部誠や本田圭佑、岡崎慎司らが外れた。そして、川崎フロンターレの車屋紳太郎が初招集されている。本大会へ向けて選手間の競争力を高めるために、多くの選手にチャンスを与えるつもりのようだ。

発表されたメンバーは以下のとおり

GK
川島 永嗣(メス)
東口 順昭(ガンバ大阪)
中村 航輔(柏レイソル)

DF
酒井 宏樹(マルセイユ)
酒井 高徳(ハンブルガーSV)
長友 佑都(インテル)
車屋 紳太郎(川崎フロンターレ)
吉田 麻也(サウサンプトン)
昌子 源(鹿島アントラーズ)
槙野 智章(浦和レッズ)
植田 直通(鹿島アントラーズ)

MF
山口 蛍(セレッソ大阪)
井手口 陽介(ガンバ大阪)
遠藤 航(浦和レッズ)
香川 真司(ドルトムント)
倉田 秋(ガンバ大阪)
小林 祐希(ヘーレンフェーン)

FW
久保 裕也(ヘント)
浅野 拓磨(シュトゥットガルト)
乾 貴士(エイバル)
原口 元気(ヘルタ・ベルリン)
大迫 勇也(ケルン)
杉本 健勇(セレッソ大阪)
武藤 嘉紀(マインツ)