大阪府内各所で『大阪文化芸術フェス2017』初開催!

写真拡大

10月1日(日)から31日(火)、大阪府内で様々なジャンルのイベントが行われる『大阪文化芸術フェス2017』。この1ヵ月間は、歌舞伎、能、落語、コンサート、レビューショー、アートなど上方を代表する舞台芸術が楽しめる。9月26日には大阪市内で概要記者会見が行われ、大阪府知事、落語家の桂文枝、浪曲師の春野恵子らが登壇した。

「大阪文化芸術フェス2017」関連イベントチケット情報

10月21日(土)に岸和田市立浪切ホール大ホールで開かれる『上方落語とお能を楽しむ会』に出演する桂文枝は、「このフェスが今後、10回、20回と続くよう、よろしくお願いします。各ジャンルの優秀な皆さんがいらっしゃるので、皆さんとできることを楽しみにしています。私は今回、お能とコラボさせていただきますけれど、できればOSK日本歌劇団の皆さんともご一緒したいですね」と未来を見据えて意欲を示した。

10月28日(土)に桂かい枝と大槻能楽堂で英語寄席『KOTENGLISH!!』を上演する浪曲師の春野恵子は、「日本の方にも楽しんでいただけるように、なるべく平易な英語を使いましたので、英語の勉強を兼ねてご来場くださってもいいかもしれません。外国の方と一緒に楽しんでいただきたいと思います」とアピール。文枝に促され英語浪曲の一節を披露し、会場を盛り上げた。

ほかに、劇団そとばこまち、OSK日本歌劇団、能勢浄瑠璃の鹿角座、漫才コンビの吉田たち、NMB48の城恵理子と内木志、FM802のDJ、落合健太郎が開催に向けて意気込みを語った。

「10月は、大阪に訪れていただいている大勢のお客様に、大阪のありとあらゆる文化をお届けしたい」と府知事。続けて「『大阪文化芸術フェス2017』は、多くの皆さんに芸を披露していただき、お客様に楽しんでいただく場となります。ぜひ世界中から訪れていただいて、大阪のおもてなし、ホスピタリティを全身で感じていただきたいと思います」といざなった。

会見の後に行われた囲み取材で府知事は、その場で文枝に『大阪いらっしゃい大使』を打診。文枝も「大阪の繁栄を祈って、引き受けさせていただきます!」と快諾した。関西を代表する一流のパフォーマンスを堪能できる1ヵ月が、間もなく始まる。『大阪文化芸術フェス』各公演の日程、詳細は「大阪文化芸術フェス2017」公式ホームページにて。