仙台発新千歳行きのJALエクスプレス2907便の手荷物に爆弾を仕掛けたとの電話があったため、29日午前11時半過ぎから閉鎖されていた仙台空港は同日午後1時50分過ぎ、閉鎖が解除された。検査の結果、爆弾は見つからなかった。すでに発着陸が行われており、乗客は他の便で新千歳に向かった。当該機は午後3時20分発の大阪行きに振り替える。【了】

■関連記事
仙台空港に爆弾電話