本田や岡崎が落選、車屋や遠藤らを選出 日本代表が10月連戦の24人を発表

写真拡大

10月6日にニュージーランド戦、同10日にハイチ戦 国内で国際親善試合2連戦を予定

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は28日、10月6日の国際親善試合ニュージーランド戦(豊田スタジアム)と10日の同ハイチ戦(日産スタジアム)へ向けたメンバー発表会見を行ったなか、そこにFW本田圭佑(パチューカ)やFW岡崎慎司(レスター・シティ)といったベテラン勢の名前はなく、テスト色の強いメンバー選考となった。

 ハリル監督は「今回は本田圭佑が入っていません。怪我をしていた選手だ。彼にはしっかりコンディションを取り戻してクラブに試合で出てもらいたい。コンディションが戻ってきたらメンバーに入るか考えたい」と語った。海外組でもこれまで多くの出場機会を与えてこなかった選手や、Jリーグでプレーする選手を多く選出した理由を語った。

 本田は右ウイングとしてFW久保裕也(ヘント)やFW浅野拓磨(シュツットガルト)の後塵を拝し、本大会出場を決めた後のサウジアラビア戦でスタメン出場のチャンスをもらったが、結果を残せないままハーフタイムで交代となった。一方の1トップは、ポストワークに優れ、フィニッシュの精度も高いFW大迫勇也(ケルン)が一番手という状況にあり、岡崎もまた厳しい競争に晒されている。

 約8か月後に迫った来年6月のロシア・ワールドカップに向け、ハリル監督はチームの新陳代謝を進めていく意向のようだ。果たして、これまで日本代表の攻撃を支えてきた本田や岡崎といった看板選手は、その逆風に打ち勝っていくことができるだろうか。

 発表されたメンバーは以下の通り。

■日本代表招集メンバー

GK
川島永嗣 (FCメス)
東口順昭 (ガンバ大阪)
中村航輔 (柏レイソル)

DF
酒井宏樹 (マルセイユ)
酒井高徳 (ハンブルガーSV)
長友佑都 (インテル)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也 (サウサンプトン)
昌子 源 (鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
遠藤航(浦和レッズ)
山口 蛍 (セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
倉田秋(ガンバ大阪)
香川真司 (ドルトムント)
小林祐希(ヘーレンフェーン)

FW
久保裕也 (ヘント)
浅野拓磨(シュツットガルト)
乾 貴士 (エイバル)
原口元気 (ヘルタ)
大迫勇也 (ケルン)
杉本健勇(セレッソ大阪)
武藤嘉紀(マインツ)

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images