28日深夜、韓国南東部、大邱市に近い漆谷郡にある米軍基地の空襲警報が鳴り出し、警察と消防に通報や問い合わせの電話が殺到する騒ぎがあった。写真は朝鮮半島の軍事境界線付近。

写真拡大

2017年9月28日深夜、韓国南東部、大邱(テグ)市に近い漆谷(チルゴク)郡にある米軍基地の空襲警報が鳴り出し、警察と消防に通報や問い合わせの電話が殺到する騒ぎがあった。韓国・聯合ニュースが伝えた。

地元の消防本部や警察署によると、同日午前1時31分ごろ、米軍基地「キャンプ・キャロル」で突然サイレンが鳴り始めた。消防には、警報に驚いた住民から「戦争が起こったのか」「サイレンの音で眠れない」「何事か」など問い合わせの電話が相次ぎ、「火災報知機の音が聞こえる」との通報から、実際に消防当局が消防車4台と消防士9人を投入した現場もあったという。サイレンは警報機の誤作動で鳴ったとされ、午前2時5分まで30分以上続いた。

消防本部は「現場に行ったところ火災報知機ではなかった。米軍基地は統制区域で中に入れないため状況を見守っていたが、午前2時34分ごろ撤収した」と明らかにしており、警察関係者は「サイレンの音に驚いた市民から通報電話がたくさんかかってきた。米軍側に確認したところ『雨が降るなどの影響で、空襲警報のサイレンが誤作動した』という説明を聞いた」と話している。

朝鮮半島情勢が緊迫するさなかの誤作動に、韓国のネットユーザーからは「タイミングが絶妙だね」「こんな時のサイレンに周辺住民も不安だったことだろう」「誤作動というより、避難訓練?」といったコメントがあり、実際にサイレンを聞いたとみられるユーザーからは「戦争が起きたんじゃないかと思って目が覚めた。一睡もできなかった」との体験談も寄せられている。

一方で、30分以上もサイレンが鳴り響いたことについて「設備の故障でサイレンが30分も?電源を切ったら止まるものじゃないの?」「線を切るとかすればよかったのに」など対応の遅さを指摘するユーザーも。

しかし「韓国人の安全不感症は最高」「韓国政府よ、ちょっとはしっかりしてくれ」「戦争が起こらなければいいけど。備えておいて悪いことは何一つない」「平和や自由は命を懸けてこそ得られるもの。対話で解決されるものではない」と事態の深刻性を訴える声もあちこちで上がった。(翻訳・編集/松村)