スペースXは2017年の10月7日と9日(米国時間)に「ファルコン9」ロケットの打ち上げを予定しています。それぞれの打ち上げはフロリダとカリフォルニアの別地点からです。
 
まず10月7日の打ち上げでは、ケネディ宇宙センターからSESとEchoStarの人工衛星を搭載したファルコン9が打ち上げられます。SESの「SES 11」はデジタルビデオやテレビ関連のサービスを北米で展開し、EchoStarの「EchoStar 105」も同じくテレビや通信関係のサービスを提供します。またロケット第1段は2月に打ち上げられた再使用品です。スペースXによるロケット第1段の再使用はこれで3回目となります。
 
そして10月9日には、カリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から10個のイリジウムの人工衛星を打ち上げます。こちらはイリジウムの衛星携帯電話や、航空機や船舶向けのサービスを展開します。ただし、ロケット第1段にどのブースターが利用されるのかは不明です。
 
スペースXは今年の10月後半にも、韓国企業KTsatの「Koreasat 5A」をケネディ宇宙センターの39A発射台から打ち上げる予定となっています。
 
Image Credit: スペースX
■SpaceX sets target launch dates for back-to-back flights next month
https://spaceflightnow.com/2017/09/26/spacex-sets-target-launch-dates-for-back-to-back-flights-next-month/