ゴールラッシュが止まらないケイン。“戦利品”を飾るトロフィールームを、先輩ルーニーの助言を仰いで造る予定だという。 (C) Getty Images

写真拡大

 現地9月26日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのAPOEL戦でもハットトリックをマークするなど、9月に入ってから5試合で9ゴールを量産しているトッテナムのFWハリー・ケイン。マウリシオ・ポチェティーノ監督も「クリスチアーノ・ロナウドよりも上だ」と絶賛するほどの好調ぶりだが、ある懸念が生じている。
 
 ピッチでの大活躍で増える一方のトロフィーやマッチボールなどの記念品を収めておく場所が自宅にないのが、目下の悩みの種だというのだ。APOEL戦後のインタビューで、「(トロフィーやボールを)いまはバッグに入れて保管しているだけ」と実情を明かしたケインは、「トロフィーを飾る部屋が欲しんだ。近々、自宅に造ろうと思っている」とコメント。それについては、ウェイン・ルーニーが自宅に設えているトロフィールームを参考に、助言を求めるつもりだという。英紙『サン』などが報じている。
 
「実際に見たことはないんだけど、ウェインにメールして聞いてみようと思ってるんだ」
 
 そう語ったケインは、ここ2シーズン連続でプレミアリーグの得点王に。チームとしてのタイトル歴はまだないものの、個人賞のトロフィーや記念のマッチボールなどの“勲章”が増え続けている。

 このままゴールを決め続ければ、たしかにトロフィールームが必要かもしれない。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部