2009年8月、衆院選で小池百合子衆院議員(当時)の応援にかけつける小泉淳一郎元首相。当時、小泉元首相が候補者の応援に立つのは異例のことだった。(写真=中西祐介/アフロ)

写真拡大

9月25日、小池百合子都知事が率いる希望の党が立ち上がった。政策の目玉のひとつは「脱原発」。かつての「師匠」である小泉純一郎元首相にも接近し、「原発ゼロ」をアピールしている。だが、小池氏は自民党の総務会長だった2011年7月、「私は『脱原発』ではなく、『超原発』」と発言している。付け焼き刃の「原発ゼロ」で総選挙を乗り切れるのか――。

■あえて会見をぶつけて首相をかすませた

9月25日、小池百合子都知事が率いる希望の党が立ち上がった。この日は安倍晋三首相が記者会見し、衆院解散を正式表明している。そのことはもちろん永田町の全員が知っていた。

ニュースを発信しようとする立場なら「首相会見の日は避けよう」と考えて他の日に発足するのが普通だ。あえて25日に会見をぶつけ、安倍首相の存在をかすませてしまうのだから、さすがとしか言いようがない。しかも民進党を事実上のみこんで、野党再編の先頭に立とうとしている。

その小池氏は、かつての「師匠」である小泉純一郎元首相とタッグを組み「原発ゼロ」を前面に掲げ、選挙戦に臨もうとしている。

25日の会見で、小池氏は希望の党の理念に「原発ゼロ」を盛り込むこと表明。「ゼロを目指す工程を作成しなければならない」と語った。その小池氏はその日、約20分間、都庁で小泉氏と「極秘」に会っている。

「極秘」に会ったのだが、そのことをあっさり認めたのも小池流。追い掛ける記者に「原発について話しました。頑張ってくれと励まされた」とささやく。意識的に情報を拡散させようとしているのは明らかだ。これも、小池氏らしい手法だ。

小泉氏は、政界引退後、「脱原発」に目覚め、その伝道師的な存在として全国行脚している。2014年の都知事選に出馬した細川護熙元首相と2人3脚で、街頭演説。内容は脱原発一辺倒だった。

その後、小泉氏は安倍晋三首相にも脱原発を進言しているが、安倍氏は乗ってきていない。そこで、小池氏と急接近したのだ。

■小泉劇場のヒロインだった小池氏

小池氏と小泉の関係は深い。2005年、小泉氏が「郵政解散」を仕掛けた時、郵政民営化法案に反対した議員に対する対抗馬として、従来の兵庫6区から東京10区にくら替えして出馬。「元祖刺客」候補としてマスコミで注目された。

小泉劇場の主役は言うまでも小泉氏だが、小池氏の存在も、立派な「主演女優賞」ものだったのだ。2人の蜜月は、その後も続く。小池氏が2008年の自民党総裁選に出馬した際も、小泉氏がサポートした。今回の衆院選にあたり、2人がタッグを組んだのも自然の流れと言えなくもない。

小池氏は希望の党を「寛容な改革保守」と位置づけているが、原発ゼロを打ち出すことでリベラル層にウイングを広げる意味でも好都合だ。

■細川元首相も小池氏支援に回るか

今後、小池氏にとってはもう1人の師匠である、細川氏も小池氏支援に回る可能性がある。小池氏と細川氏の関係は9月21日にアップした「秒殺された『野田聖子、小池百合子新党』」を参考にしていただきたい。

しかし、問題は小池氏がどこまで「原発ゼロ」に本気なのか、という問題だ。実のところ、小池氏はこれまで原発問題について、あまり熱心ではなかった。

東日本大震災から4カ月後の2011年7月、自民党の総務会長だった小池氏は機関紙「自由民主」で次のように発言している。

そもそも、私は「脱原発」ではなく、「超原発」が必要だと言っています。原発を超えて、太陽光発電、風力発電、地熱、地中熱、潮力など自然に満ち溢れたエネルギーを使わないのはもったいない。菅総理は急に、再生可能エネルギー買い取り法案の成立を訴え、一点突破、全面展開を考えているようですが、それだけで国が成り立つわけではありません。わが党は、例えば、経済や雇用はどうするのかなどの問題も含め総合的な議論を進めていきます。(機関紙「自由民主」2470号)

さらに昨年7月、都知事選に出馬した際は「原発は安全性の確保が第一」というような無難な発言を繰り返している。環境相経験者でもある小池氏は、エコの観点から自然エネルギーの普及には熱心なのは事実だが、「脱原発」勢力とは、とても言い難い。明確に「ゼロ」を打ちだしたのは25日が初めてのようだ。

このあたりは、「脱原発」の老舗を自任する勢力から追及を受けることも増えてくるだろう。プレゼン能力の高さでは定評がある小池氏。追及をかわして、脱原発を求めるリベラルな層も取り込むか。それとも、付け焼き刃の「原発ゼロ」であることを露呈してしまい失速するのか。それは衆院選の結果にも影響を及ぼすことになる。

(写真=中西祐介/アフロ)