全74種、お米の分布図がスゴイ 「勉強になる」と絶賛の声

写真拡大 (全2枚)

日本人の主食である『お米』。秋田県のあきたこまちや、新潟県のコシヒカリなど、日本の長い歴史の中で、数々のお米の品種が生まれてきました。

それぞれのお米には特徴があるものの、味や香りの違いを意識して選ぶ人はあまり多くいません。

「何を基準に選べばいいのか分からない」

「そもそも、どんなお米があるのか知らない」

そんな疑問を抱く人にオススメしたいのが、こちらのお米の分布図。

お米マイスターとして、著書を出版しているだけでなく、TV番組にも数多く出演している西島豊造さんが作成し、漫画家の吉谷光平(@kakikurage)さんが描いた、本格的な内容!

74種のお米を味と食感で分類するだけでなく、どんな料理に合うかも記載されています。

クリックすると画像を拡大します

メジャーなところでいうと、CMも放送されている『ゆめぴりか』は、味が濃く食感も柔らかめ、そして肉料理に合うとされています。

一方、宮城県の『ササニシキ』は、食感こそ『ゆめぴりか』と同じ柔らかめですが、味は比較的あっさりしていて、野菜料理に合うお米。

ほかにもさまざまな品種の特徴が、ひと目で分かるようにまとめられています!

「自分好みのお米はどれかな」と、選ぶ楽しさが生まれるこの分布図。見た人の感想は…。

参考になります!!知らない銘柄もあって、勉強になる。おかずによって、お米も使い分けたいなぁ。ブルジョワだけど…。

奥深いお米の世界に、絶賛のコメントが殺到!

同じ品種であっても、育った場所によっても違うというお米。日本人にとって身近な食べ物だからこそ、こだわりたいものです。

この分布図を見ながら、好みのお米を探してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい、お米の世界

お米の分布図を公開した、漫画家の吉谷光平さんは、現在『あきたこまちにひとめぼれ』を連載中。

監修はもちろん、お米分布図を作成した西島豊造さんです!

記念すべき第1巻は、2017年9月28日発売予定。お米について知識を深められるのはもちろん、ラブコメ作品としても楽しめるストーリーなので、興味がある人はご覧ください。

[文・構成/grape編集部]