「メイクアップデザインツール」の画面

パナソニック株式会社は、顔写真の上にタッチペン操作でメイクのデザインを行える「メイクアップデザインツール」を開発したことを発表した。画像認識および画像処理の技術を活用したもので、実際にメイクをする感覚で顔写真への“メイク”が可能。この「メイクアップデザインツール」は、2017年10月3日(火)〜10月6日(金)に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催予定の「CEATEC JAPAN 2017」の同社ブースにて、展示および体験イベントが展開される。

「メイクアップデザインツール」は、化粧品カウンターでのコミュニケーションツールやフォトスタジオ、結婚式場、美容サロンでのメイクアップ提案、美容スクールの教材作成やメイクアップ技術のトレーニングなどへの活用が想定されている。実際のメイクの塗りの濃さや筆のサイズに対応させたブラシツールで、本物の顔にメイクをするのと同じ感覚での顔写真の編集を実現。色の塗り方や重ね方、ブラシの動かし方の過程を記録でき、メイクのノウハウを確認することにも対応した。さらに、顔認識の技術により、デザインしたメイクを別のさまざまな顔写真に乗せ変えることも可能だ。動画シミュレーションモードでは、カメラで撮影した任意の顔の上にメイクを乗せることもできる。

なお、本ツールは株式会社バンタンが運営するスクール「バンタンデザイン研究所」と共同で実証実験を進めており、今年7月に同スクールのヘアメイク学部におけるデジタルメイク特別授業が実施された。10月7日(土)には、クリエイティブセンター大阪(大阪府大阪市)での「VANTAN CUTTING EDGE 2017 大阪ラウンド」への出展も予定されている。

パナソニック株式会社
URL:http://www.panasonic.com/jp
2017/09/28