ミニクーパーのハイパフォーマンスモデルである、『JCW』(ジョン・クーパー・ワークス)改良型がニュルで高速テストを開始しました。エクステリアに大きな変化は見られませんが、その動力性能は大幅に向上するようです。

一つは、エキマニ(エキゾーストマニホールド)とターボチャージャーをシリンダーヘッドに一緒に収納する新ターボチャージャーシステムを搭載。高いエンジン熱効率、及び力強い加速力を発揮します。また冷却システムを改善し、CO2排出量が削減されるといいます。

さらに新開発のデュアルクラッチ・オートマチックギアボックスの導入も噂されており、実現すれば、JCW過去最高の動力性能を発揮するはずです。

エクステリアでは、ヘッドライト&テールライトのグラフィック、前後バンパー、ホイールデザインが一新されるほか、2〜3色の新たなボディカラーオプションの導入、インテリアトリムの見直しがなされます。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

新技術満載で動力性能は過去最高へ!ミニクーパー・JCW改良型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/09/28/514107/)