CLで最高のスタートを切ったPSG、ヴェッラッティは完勝に胸を張る

写真拡大

パリ・サンジェルマン(PSG)は、27日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節バイエルン・ミュンヘン戦で、3-0と快勝を収めた。MFマルコ・ヴェッラッティは完勝に胸を張っている。

グループB最大のライバルをホームに迎えたPSGは、開始わずか2分でDFダニ・アウヴェスのゴールで先制する。その後は自慢の3トップが躍動し、エディソン・カバーニとネイマールの追加点で、ブンデスリーガ王者を寄せ付けず。無失点で勝利をあげている。

試合後、24歳のイタリア代表MFは、チーム全体のパフォーマンスを誇っている。

「素晴らしい勝利だね。チーム全員でプッシュし、よく守り、ストライカーが仕事をした。ゴールの後、少し守備的にはなったが、カウンターでチャンスを作れることはわかっていたよ。守備重視の戦いは選択しなかったけど、早い時間に先制点が取れたからね」

そして、まだまだ改善の余地はあるとし、欧州制覇に意気込んでいる。

「僕らはとても幸せだけど、すべてを完璧にこなせたわけじゃない。この調子を維持しないとね。最高のプレーではなかったが、自分たちのパーソナリティと素晴らしい選手がいることは証明できたと思う」

PSGは、この勝利でCL開幕から2連勝を達成。その間8ゴール無失点と、圧倒的な強さで完璧なスタートを切っている。