移籍金113億円は「バーゲン価格」 マンU“辛口OB”がゴール量産中の新9番を絶賛

写真拡大

公式戦10得点に到達したルカク キーン氏も「いい選手だ」と賛辞

 マンチェスター・ユナイテッドに今季加入したベルギー代表FWロメル・ルカクは、27日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)CSKAモスクワ戦で2ゴールを決めて、4-1の勝利に貢献した。

 公式戦でのゴール数を早くも二桁の10得点としたストライカーは、7500万ポンド(約113億円)という高額移籍金が話題になったが、クラブのレジェンドはバーゲン価格だと評価しているという。

 ルカクは自身のユナイテッドデビュー戦となった8月8日のレアル・マドリードとのUEFAスーパーカップ(1-2)でゴールを決めたのを皮切りに、プレミアリーグで6試合6得点、CL2試合3得点とコンスタントにゴールネットを揺らしている。

 ユナイテッドOBで、今や辛口批評家としてもお馴染みとなった元アイルランド代表MFロイ・キーン氏も、その活躍ぶりには舌を巻いている。英テレビ局「ITV」の番組「チャンピオンズリーグ・ハイライト・ショー」に出演し、「彼はいい年齢で、いい選手だ。プレミアリーグを知っている」とコメントしている。

 そして同氏は、結果を見ればルカクの高額移籍金も破格のものだと主張。今季新加入で9番を背負う、ベルギー代表ストライカーを絶賛している。

「シーズン25〜30得点決める」と太鼓判

「彼が7500万ポンドというのはバーゲンだね。彼がこれからもゴールを決めるのは確実だ。いいスタートを切った。ここまで素晴らしい印象を残しているし、キャラクターも素晴らしいみたいだね。エバートンでの記録もファンタスティックなものだった。より大きく、いいチームへ移籍した。より多くのチャンスが訪れ、彼はシーズン25〜30得点決めるだろう」

 大きな期待を背負って、今季“赤い悪魔”の一員となったルカク。ジョゼ・モウリーニョ監督もスタメンで起用し続けている。クラブOBからの評価も上々と、シーズン序盤で揺るぎない信頼を手にすることに成功したようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images