途中出場から先制弾…ゴールを取り戻したイグアイン「重要なのは勝利」

写真拡大

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、ユヴェントスはホームでギリシャのオリンピアコスと対戦し、2−0で勝利を収めた。

 この試合で60分に途中出場し、先制弾をマークしたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、試合後に『ユヴェントスTV』のインタビューに応えた。

「とても難しい試合だった。我々はなかなか先制点を奪えなかったが、最初のゴールの後、全てが上手く運んだ。重要だったのは勝利だ。これからベルガモでの戦いが3日後に控える」と批判を浴びつつも、ようやくゴールを取り戻したイグアインは喜びを口にした。

 さらに「常にピッチに立ちたいという意欲を持っていた。サポーターから気合いが伝わるのはとても嬉しいもの。ゴールの後はいつも同じスタイルで喜んでいる。チームメイトは満足していた」と、セリエA第3節キエーヴォ戦以来ののゴールに満足感を示した。