松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

世界選抜の一員として、シュワルツェルとのコンビで第1試合に登場

 2年に一度行われる米国選抜と世界選抜による男子ゴルフの団体対抗戦、プレジデンツカップ(リバティ・ナショナルGC)が28日(日本時間29日)に開幕。日本の松山英樹(レクサス)は世界選抜の一員として出場する。シャール・シュワルツェル(南アフリカ)とタッグを組み、米国選抜のリッキー・ファウラー、ジャスティン・トーマスと第1試合で対戦するが、米専門メディアはその起用法について「世界選抜をポジティブな雰囲気に持って行くことができる者の1人」と報じている。

 プレジデンツカップは、各チームともポイントランク上位10名とキャプテン推薦2名の計12選手が出場。初日はペアで1つのボールを交互に打つ「フォアサムマッチプレー」で5マッチが行われるが、世界選抜の先陣を松山が切る。

 世界ランキング3位の松山はレギュラーシーズンのツアーをポイントランク1位で終えたが、プレーオフに入って失速。予選落ち、23位タイ、47位タイ、26位と上位争いを演じることができず、8位まで転落してしまった。好調時に比べてティーショットやパットで苦しんでおり、米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト」によれば、松山は直近2試合における「ストローク・ゲインド・パッティング」(パッティングでどれだけストロークを稼いだかを示す指標)で最下位だったという。

 記事では、松山について「問題はコースの地形ではなく、自信なのだ」とメンタル面が鍵を握るとした。キャプテンのニック・プライス(ジンバブエ)は、世界選抜メンバーでトップの今季3勝を挙げている松山を、“先鋒”となる第1試合に組み入れることを決断したことには、「プライスは世界選抜をポジティブな雰囲気に持って行くことができる者の1人として、マツヤマを考えているようだ」と記している。

主将プライスは松山を高評価「偉大なチームメンバー。若い者を勇気づけている」

 プライスは戦前の記者会見で、「(松山は)ここ数年より確実に心を開いているよ。彼は偉大なチームメンバー。ジョークも言うし、大声を張り上げもする。素晴らしい奴だ。若い者を勇気づけている。多くは語らないけど、口を開けばすごく面白いよ」と松山を高く評価した。

 一方で、PGAも公式サイトでプレビューを掲載。松山が出場するマッチ11については、「松山はティー・トゥ・グリーン(ショットのスコアへの貢献度)でほとんどの選手を上回っている。シュワルツェルは日本のスターに敬意を表し、いくつかのパットを繰り出すだろう。彼らの仕事は、若いアメリカ人コンビにフラストレーションを溜めさせることだ」と分析している。

 世界選抜としては、打倒米国に向け第1試合から勝利をもぎ取りたいところだけに、松山のプレーは大きなポイントになりそうだ。

【プレジデンツカップ初日】
■第1試合(日本時間29日午前2時5分〜)
松山英樹/シャール・シュワルツェルVSリッキー・ファウラー/ジャスティン・トーマス

■第2試合(日本時間29日午前2時17分〜)
アダム・スコット/ジョナサン・ベガスVSダスティン・ジョンソン/マット・クーチャー

■第3試合(日本時間29日午前2時29分〜)
キム・シウー/エミリアーノ・グリジョVSジョーダン・スピース/パトリック・リード

■第4試合(日本時間29日午前2時41分〜)
ルイ・ウーストハウゼン/ブレンダン・グレース/VSブルックス・ケプカ/ダニエル・バーガー

■第5試合(日本時間29日午前2時53分〜)
ジェイソン・デイ/マーク・リーシュマンVSケビン・キスナー/フィル・ミケルソン

※いずれもフォアサムマッチプレーで対戦