犬と小動物の同居は可能?

「愛犬のお友だちになってくれる動物を飼いたい!」
そう考えたことのあるわんちゃんの飼い主さんは多いのではないでしょうか。

しかし、憧れと同時に「もし仲良くできなかったら。」「ケンカをして怪我をさせてしまったら。」という悩みも抱えますよね。

それでは、どんな小動物なら犬と一緒に飼えるのでしょうか?
飼う際の注意点やポイントも含め、ご紹介します。

犬と相性の良い小動物

うさぎ

犬とうさぎは、比較的相性が良いといわれています。

しかし、それはうさぎが社会性を持った動物であり、犬に遠慮してくれるからです。それに加え、うさぎはケージで過ごす時間が多いことも関係していると思います。

犬が本能的にうさぎを追いかけるのは仕方のないことですが、あまりにしつこく繰り返すようであれば同じ部屋で飼うのはやめましょう。
うさぎがストレスを感じているようなら、犬と距離を置く必要があります。

犬とうさぎを初めて会わせるときは、犬にはリードを付けておきましょう。そして、うさぎはケージに入れておくことで自分のテリトリーを確認でき、安心することができます。

犬とうさぎは比較的仲良くできると記しましたが、同居させることができない犬種もいるので注意が必要です。例えば、かつてはうさぎを狩る猟犬だったことから、

ビーグルウィペットテリア系

とうさぎを同居させるのはNGだとされています。

犬とうさぎを仲良くさせるコツは、”たっぷりと時間をかける”ことです。

フェレット

犬とフェレットも一緒に飼うことができます。
ただし、うさぎと同様、テリア系の犬種はうさぎやイタチを狩る猟犬だったことから一緒にすることはできません。

犬と相性の悪い小動物

鳥類

犬と鳥類(インコなど)は、一緒に飼うのは難しいといわれています。

しかし、犬がジャンプしても届かないところに鳥かごを置いておけば問題ないともいいます。
インコなどの小さな鳥だと、犬に悪気がなくても怪我をさせてしまう恐れがあるため、同居はさせない方がよいのでしょう。

特に、

ポインターセタースパニエルレトリーバー

などは、鳥を狩る猟犬として活躍していたことから、一緒に飼うのは避けるべきだと言えます。

ハムスター

犬とハムスターを一緒に飼うのは避けた方がよいでしょう。

犬は、どうしても小さなものや動くものに興味を示してしまいます。そのため、ハムスターをおもちゃだと思ってしまうかもしれません。
犬とハムスターを飼うときは、ハムスターを必ずケージに入れて犬の届かないところ(別の部屋など)で飼うのが賢明です。

爬虫類

犬と爬虫類の同居はおすすめできません。

犬は、爬虫類(カメ、トカゲ、ヘビなど)や両生類(カエルなど)をおもちゃだと思ってしまう可能性が高いので、一緒に飼うのは避けるべきです。

他動物との同居は、犬種や性格にも左右される

犬と小動物を一緒に飼えるかどうかは、犬種や性格にもよります。
一般的に、他の動物との同居に向いているのは

チワワパグパピヨンペキニーズボストンテリアチン

などの愛玩犬だといわれています。

反対に、注意が必要なのは

ミニチュアピンシャーシュナウザーヨークシャーテリアウィペットアフガンハウンドラブラドールレトリーバービーグルジャックラッセルテリアアメリカンコッカースパニエルイングリッシュコッカースパニエル

などの犬種です。

柴犬や秋田犬などの日本犬は、縄張り意識が強いため、子犬の頃から一緒にいる動物でないと受け入れることは難しいでしょう。反対に、子犬の頃から一緒なら兄弟意識が芽生え、仲良くできるはずです。

まとめ

結論からいうと、犬と小動物を一緒に飼うことはできます。
しかし、犬種や性格、小動物の種類によっては注意が必要です。
飼い主が知識を持ち、それぞれの動物の特性を理解した上で飼うべきだということですね。

そして、一番大切にしたいこと。それは、”先住”の動物の生活を優先してあげることです。どうしても後から来た動物に目が行きがちになると思いますが、先住の動物を大切に育ててあげたいものです。