これが世界クラス…フッキ、ACLで浦和相手に決めた「超ミドル」を見る

写真拡大

27日(水)に行われたAFCチャンピオンズリーグの準決勝1stレグ。

浦和レッズは上海上港と1-1で引き分け、貴重なアウェイゴールを手にすることに成功した。

決勝進出に望みを繋いだそんな浦和だが、元Jリーガーのあの選手を無失点に抑えることはできなかった(00:12から)。

0-0で迎えた15分、オスカルからボールを受け取ったのはフッキ。

すると強引なドリブルでMF青木拓矢を倒しながら突破し、ペナルティエリアの少し手前からミドルシュート!

ボールは一瞬のうちにニアサイドへと飛んでいき、これが上海上港にとって先制点となった。

ゴールまでは20数mほど距離があったのだが、それでもボールに触れなかったというのはよほどスピードがあったのだろう。Jリーグではまず見ないような、ワールドクラスの一撃だった。

なお、ゴールを許した浦和Gk西川周作はこのシーンについて、「ピッチコンディションも考えたシュートだったと思うし、何としても止めたかった」と振り返っている。

2ndレグは10月18日(水)に埼玉スタジアムで行われる。