もうすぐお月見!見た目もキュートな白玉抹茶プリンを作ろう

写真拡大 (全8枚)

10月4日は十五夜、中秋の名月です。お団子作りをして、お月見を楽しむのはいくつになっても楽しいものですが、今年はいつものお団子作りにプラスして、WECKで少し豪華なお月見スイーツは如何でしょうか?白玉団子は絹ごし豆腐を使って作ると、翌日にも固くなりにくいので、前日に作ってお配りするのにも使えますよ!

元記事を見る>>

お月見団子入り、濃厚抹茶プリン

材料:(WECK Tulip Shape 200 6個分)

■抹茶プリン
生クリーム:200cc(1パック)
牛乳:500cc
砂糖:60g
ゼラチンパウダー:10g
抹茶パウダー:大さじ2

■白玉
白玉粉:100g
絹ごし豆腐:100g〜130g
かぼちゃ:60gぐらい

■トッピング
黒蜜:100cc程度


【1】
生クリーム、牛乳、砂糖、抹茶パウダー、ゼラチンパウダーを沸騰させないように火にかけ、溶けるまでよく混ぜます。


【2】
火からおろして粗熱をとります。


【3】
※お豆腐で、固くならない白玉を作ります

白玉粉に同量の絹ごし豆腐を加え、混ぜていきます。耳たぶぐらいの柔らかさになるように様子を見ながら少しずつ絹ごし豆腐を加えて下さい。
(白玉粉100gに対し、絹ごし豆腐100〜130g程度)
かぼちゃの皮を除いたものを電子レンジで加熱して柔らかくし、白玉のタネを半分にわけたものにかぼちゃを練り込みます。


【4】
鍋に湯を沸かし、小さめに丸めた白玉を湯がいていきます。白玉は小さめの方が可愛く仕上がりますよ。
浮かび上がったら冷水にとり、冷まします。


【5】
固まった抹茶プリンの上に、黒蜜をかけ、バランスよく白玉を乗せれば完成です!

抹茶が効いた大人好みの濃厚な味わいの抹茶プリン。柔らかな白玉団子とよくあいます。


使用した容器は、苺のマークが可愛いドイツ製のWECK Tulip Shape 200。
チューリップのつぼみのような形は可愛いだけでなく、手にしっくりと馴染んでスイーツにもちょうどいいサイズ。
ガラス蓋もセットなので冷蔵庫で保存もしやすく、オプションのクリップを使えばお配りにも安心ですね。


小さなお子さんと食べる場合は、ミルク入りの抹茶粉末を使ったり、抹茶抜きの牛乳プリンにしても。
白玉に果物で耳をつけて、ウサギのデコレーションをすれば、子供も喜ぶお月見スイーツに変身です。

今年の十五夜は、ちょっとスペシャルなお月見スイーツを楽しみましょう。

▼使用したアイテムはこちら
WECK Tulip Shape 200 6個セット