ポール・マッカートニー、NY公演でビリー・ジョエルと共演

写真拡大

 2017年9月26日(現地時間)に米ニューヨーク州ユニオンデールのナッソー・コロシアムで行われたポール・マッカートニーのコンサートに地元ナッソー郡出身のビリー・ジョエルがサプライズで登場して2曲共演した。

 全8曲のアンコールの途中でビリーをステージに呼んだポールが、「一緒に何やろうか?」と尋ねると、「僕は“ゲット・バック”が好きだけど」とビリーが返し、ザ・ビートルズの「ゲット・バック」を披露。次にポールは、「この曲は(今日)誕生日の人に捧げるよ……あと、今年誕生日がある人なら誰でもね」とジョークを飛ばし、「バースデイ」に突入した。

 二人は以前にも共演しているが、最も印象的だったのは解体される前のシェイ・スタジアムで2008年に行われたビリーのライブかもしれない。ビリーがポールに共演のオファーをしていたものの、スケジュールが合わずに断られていたのだが、本番でポールが突然現れてビリーを驚かせ、二人は「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」を披露した。

 今年4月に日本公演も行われたポールの【ワン・オン・ワン・ツアー】は9月27日にもニューヨークで公演があり、10月1日と2日にデトロイトで2公演行ったあと中南米、オセアニアと年末まで続く。


◎ファンによる映像
https://youtu.be/oIayr7Y9d4g