<MTV VMAJ 2017>、最優秀ビデオ賞は星野源「Family Song」

写真拡大

<MTV VMAJ 2017>の受賞者らが出演するスペシャルイベント<MTV VMAJ 2017 -THE LIVE->が9月27日(水)に東京・STUDIO COASTにて開催され、星野源の「Family Song」が「最優秀ビデオ賞」を受賞した。

年間の優れたミュージックビデオを表彰する<MTV VMAJ>は、米<MTV Video Music Awards>の日本版として2002年以来開催されてきた音楽アワードだ。16回目を迎える今年は、世界各地のMTVクリエイティブディレクターから構成される選考委員会が“世界基準の優れたミュージックビデオを選ぶ”という観点のもと、各部門の最優秀作品を選出。各カテゴリの最優秀作品の中から年間で最も優れた作品「最優秀ビデオ賞」を決定する一般投票には310万もの投票が集まった。

この日のイベントでは、MONDO GROSSO(「最優秀ダンスビデオ賞」受賞)、三浦大知(「最優秀R&Bビデオ賞」受賞)、WANIMA(「最優秀ロックビデオ賞」受賞)、KICK THE CAN CREW(「最優秀ヒップホップビデオ賞」受賞)、ももいろクローバーZ(「最優秀邦楽グループビデオ賞」受賞)、BUCK-TICK(「Inspiration Award Japan」受賞)、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(「最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞」受賞)、欅坂46(「Best Buzz Award」受賞)、ゲストアクトのBiSH、BLACKPINKによるライブパフォーマンスとともに、事前に明かされていなかった唯一の賞である「最優秀ビデオ賞」の発表が行なわれた。

星野源は今回「Family Song」で「最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞」、2016年にリリースした「恋」で「最優秀振付け賞」を受賞しており、「最優秀ビデオ賞」受賞をもって最多3冠の快挙を達成することとなった。彼は次のように喜びのコメントを寄せている。

「この度は“Best Video of the Year”に選んでいただき本当にありがとうございます! 僕は小さい頃からミュージックビデオが大好きで、よく集めて観ていました。思春期の頃、面白いビデオがたくさんあって、いつかこんなビデオを作りたいな、もし音楽家になるんだったらいろんなビデオを作りたいと思っていました。この「Family Song」で自分が理想としたバランスのミュージックビデオがやっとできたと思ったんです。めちゃくちゃふざけてて、でもめちゃくちゃ音楽が伝わってくるという、自分の理想のバランスで、そして自分の思いやメッセージもしっかりと入っている作品です。そのビデオが「Best Video of the Year」に輝く事ができて、本当に本当にうれしいです。かさねがさね投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。今日は会場に行けないのが悔しいのですが、これからも星野源、そして星野源のミュージックビデオを何卒宜しくお願いします。本当にありがとうございました。」──星野源

   ◆   ◆   ◆

【受賞作品】
・最優秀ビデオ賞:星野源「Family Song」(関和亮)
・最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞:星野源「Family Song」(関和亮)
・最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞:ブルーノ・マーズ「That's What I Like」
・最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞:西野カナ「パッ」(末吉ノブ)
・最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞:ケイティ・ペリー「Bon Appetit feat. MIGOS」(Dent de Cuir)
・最優秀邦楽グループビデオ賞:ももいろクローバーZ「BLAST!」(長添雅嗣)
・最優秀洋楽グループビデオ賞:ザ・チェインスモーカーズ「Closer feat. HALSEY」(Dano Cerny)
・最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞:THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「Lightning」(久保茂昭)
・最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞:ショーン・メンデス「Treat You Better」(Ryan Pallotta)