CLバルサ戦で元Jリーガーに悲劇… ダイブと判定され警告を受けたプレーで負傷交代

写真拡大

柏と徳島でプレーしたドゥンビアが、スポルティングの一員として出場

 スポルティング・リスボンは27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ第2節でバルセロナと対戦し、0-1で敗れた。

 この一戦には日本サッカーに馴染み深い選手が先発していたが、シミュレーションによって警告を受けた際のプレーで負傷交代する悲劇に見舞われている。

 バルサを迎え撃ったポルトガル強豪の一員の中に、コートジボワール代表FWセイドゥ・ドゥンビアの姿があった。かつて柏レイソルや徳島ヴォルティスでプレーし、CSKAモスクワ時代にはFW本田圭佑(現パチューカ)と共闘した男は、前半40分に不名誉な形でスポットライトを浴びてしまった。

 相手ペナルティーエリア手前でMFジェルソン・マルティンスからパスを受けたドゥンビアは、一気に加速。バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが足を伸ばすと、ドゥンビアはピッチ上にもんどり打って倒れ込んだ。

 だが、これに対して主審はシミュレーション行為として、イエローカードを提示。たしかにスローモーションの映像を見ても、ピケの足との接触はほとんど見られなかったが、ドゥンビアは苦悶の表情を浮かべ、絶叫しながらピッチに転倒していた。

「奇妙な状況でドゥンビアを失った」

 だがドゥンビアの悲劇は、ダイブと判定されイエローカードを受けたことに止まらなかった。ピッチに倒れこんだスピードスターは、このプレーで筋肉系のトラブルを引き起こし、前半44分で途中交代を余儀なくされてしまった。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、「スポルティングのドゥンビア起き上がれず。ダイブでイエローカードを受けた後、交代に」との見出しでレポート。「スポルティング・リスボンは奇妙な状況でセイドウ・ドゥンビアを失った」と報じている。

 CLバルサ戦という晴れ舞台で、自らのシミュレーション行為が招いた負傷によって交代枠を一つ潰してしまったドゥンビア。DFセバスティアン・コアテスのオウンゴールで、0-1と惜敗したチームの足を引っ張る格好となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images