日本は四季がはっきりしていること、南北に長い地形であること、海に囲まれていることなどから、独自の食文化が形作られてきた。そんな日本の食べ物の中には、納豆や生卵など外国人から見れば驚くようなものも少なくない。中国メディア・今日頭条は23日、最も「日本らしい」食べ物を紹介する記事を掲載した。

写真拡大

 日本は四季がはっきりしていること、南北に長い地形であること、海に囲まれていることなどから、独自の食文化が形作られてきた。そんな日本の食べ物の中には、納豆や生卵など外国人から見れば驚くようなものも少なくない。中国メディア・今日頭条は23日、最も「日本らしい」食べ物を紹介する記事を掲載した。

 記事は「日本の人びとは様々な『暗黒料理』の発明に努めてきた。そんな奇抜なグルメを見ると、ちょっと後ずさりしたくなってしまう」としたうえで、日本の独特な食べ物として「マグロの目玉」を取り上げた。

 マグロの目玉について記事は「非常に栄養価が高いながらも低脂肪低カロリーで優れたタンパク質を摂取することができる。スリムな体をキープできるばかりでなく、体のバランスを整えられる。現代の女性にとっては理想的な食べ物なのだ」と説明。また、そのグロテスクな見た目とは裏腹に深い味わいや様々な食感を楽しめること、眼球の周りにはコラーゲンがたっぷり含まれていることなどを併せて紹介した。

 さらに「一般的に日本人はみんな醤油をつけてそのまま食べる。日本の市場では非常によく売れている」と説明している。ごく新鮮な状態の場合に限り生食するケースがあるようだが、決して一般的ではない。目玉でポピュラーな食べ方はやはり煮付けではないだろうか。煮付けて食べればそこまでグロテスクではない。見た目のハードルを乗り越えて口に運べば、その独特な食感に病みつきになる中国の人も少なくないことだろう。(編集担当:今関忠馬)