ゴール後に抱擁するネイマールとカバーニ

写真拡大

パリ・サンジェルマン(PSG)がチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節バイエルン・ミュンヘン戦で素晴らしいパフォーマンスを見せている。(3-0)
そして、この試合最も注目を集めたのはネイマールとカバーニであり、PKキッカーを巡って衝突していた2人が一時休戦している。

カバーニがPSGの2ゴール目を決めた時に、それは起こっている。ネイマールがカバーニに近づき祝福の抱擁をしている。同じことが後半開始早々にネイマールが決定的なチャンスを逃した時も起こっている。

そして、フリーキックの場面ではお互いにその機会を共有し、さらにPSGの3ゴール目となるゴールをネイマールが決めた場面ではカバーニが感情むき出しの抱擁をしている。

PSG監督ウナイ・エメリが仲裁に入らなければならなかった1週間前の衝突が嘘のように友好的な関係が2人の間にできている。しかし、これが一時的な休戦なのか、完全なる和解なのかは時間が教えてくれるだろう。