@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

もくじ

ーSTEP WGN SPADA HV車/ガソリン車の2車種に
ー足まわり HV専用チューン
ーHV車、渋滞追従機能付きACC搭載

STEP WGN SPADA HV車/ガソリン車の2車種に


ホンダは、ステップワゴン/同スパーダにマイナーチェンジを施し、9月29日に発売する。

最大のトピックは、スパーダにハイブリッド車(写真緑)が設定されることだ。

ステップワゴン MCの特長

・スパーダ ハイブリッド仕様登場
・スパーダ ダイナミックなデザインに
・Honda SENSING 機能充実

2.0ℓ直4+モーター 25.0km/ℓ

スパーダに採用されるハイブリッドシステムは、
 走行用/発電用の2モーター
 2.0ℓアトキンソンサイクル・エンジン i-VTEC
 リチウムイオン・バッテリー
 PCU/IPU/エンジン直結クラッチ
 電動サーボ・ブレーキシステム
という構成だ。


・エンジン最高出力:145ps/6200rpm
・エンジン最大トルク:17.8kg-m/4000rpm
・モーター最高出力:184ps/5000-6000rpm
・モーター最大トルク:32.1kg-m/0-2000rpm
・JC08モード燃費:25.0km/ℓ
・WLTCモード燃費:20.0km/ℓ

ポイントは、ガソリン車の1.5ℓターボとは異なり、2.0ℓエンジンを採用したこと。アコードと基本的に同じシステムを搭載し、モーターだけで走行できる「EVスイッチ」も与えられた。
 

足まわり HV専用チューン


また、ハイブリッド車には高い静粛性にふさわしい乗り心地となるよう専用チューニング・サスペンションを採用している。さらに、車体のゆがみや微振動を抑えるパフォーマンスダンパーを、タイプ別ながら設定した。


これ以外にも、スパーダのハイブリッド車/ガソリン車共通で、
・ヘッドライト
・フロントグリル
・フロントバンパー
・フェンダー
・ボンネットフード
・リアスポイラー
のデザインを刷新。フロントライトは、「C」の形に光るアクセサリー/ポジションランプが特長で、夜間フル点灯時にもその印象が失われないライティングパッケージになっている。
 

HV車、渋滞追従機能付きACC搭載


また、HondaSENSINGを標準化(非装備も一部可)したのもトピックで、新たに「歩行者事故低減ステアリング」機能を採用している。

さらにハイブリッド車には、渋滞追従機能付きACCを搭載。安全支援機能を充実させた。


価格は、下記の通り。
ステップワゴン・スパーダ(ハイブリッド車、全てFF):
3,300,480円〜3,559,680円

ステップワゴン・スパーダ(ガソリン車、FF/4WD):
2,852,280円〜3,245,400円

ステップワゴン(ガソリン車、FF/4WD):
2,455,920円〜3,078,000円