岡崎は「かけがえのない存在」 レスター監督が変わらぬ献身性と得点力向上に励む姿を称賛

写真拡大

公式戦6試合4得点と好調維持 「シンジはチームプレーを体現」とシェイクスピア監督が讃える

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、今季公式戦6試合で4得点とここまで出色のパフォーマンスを披露している。

 チームを率いるクレイグ・シェイクスピア監督も「かけがえのない存在だ」と称賛し、さらなるゴール量産に期待をかけている。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

 岡崎はプレミアリーグ開幕戦のアーセナル戦(3-4)で今季のチーム初ゴールを記録すると、続く2節のブライトン戦(2-0)ではキックオフからわずか50秒で電光石火弾を決めた。そしてリバプールからはカップ戦とリーグ戦で2試合連続ゴールを挙げるなど好調を維持している。

「シンジは我々にとって、常にかけがえのない存在だ。コーチも監督もここ数日はチームプレーヤーについて話していて、個人よりもチームが大切だと思っている。シンジはそのことを体現している」

 指揮官は岡崎の献身的な働きぶりをこう讃えている。「彼にはもっとボックスの中に入るように言っている。彼はボールのないところでのハードワークを持ち味としているけど、フォワードとしてはもっとゴールで貢献してほしいと思っている」と、岡崎の得点にも期待を寄せた。

「意識的に努力し、その成果を手にしている」

「我々は、彼にボックスの外だけでなくボックスの中でも貢献してほしいと伝えたよ。彼は意識的に努力し、その成果を手にしているね」

 岡崎も今季ゴールを量産している要因として、「これまで以上にボックス内に入ろうとしている」と意識改革があったことを明かしていた。チームからの助言が、岡崎の変化を導いていたようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images