甘え上手な女性がモテるように、男性はやはり女性から甘えられるのにとても弱いです。

可愛らしく上手に甘えることができれば、男性の心をしっかりとつかむこともできるでしょう。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男の心をつかむ“ドキッとさせる甘え方”を紹介します。

 

■「褒めながら」甘える

ただ甘えるだけだったり、いつも甘えてばかりいると、いいように利用されているように男性が感じたりもしかねません。

なので、さりげなく褒め立てながら甘えるようにすると、男性の気分を害する可能性は低くなるでしょう。

「○○さんって頭の回転が速いから、一緒に考えてくれませんか?」なんて言われたら、男性も喜んで手を貸してくれるはず。

自分のことをちゃんとわかってくれているとも感じるので、他の女性よりも気になる存在にもなりやすいですよ。

 

■「もうちょっと一緒にいたい」と甘える

気になる男性とデートや食事に行くことができたのなら、終盤にちょっと甘えてみるのはアリかも。

「もうちょっとだけ一緒にいたいな」と、恥ずかしそうにつぶやいてみたら、男性は間違いなくドキッとしちゃうはずですよ。

なかなか恥ずかしくて言いにくいかもしれませんが、そんなときはちょっとお酒を飲んで酔った勢いで言ったりするといいです。

ほろ酔い状態の女性にこんなことを言われたら、男性は思わず抱きしめたくなっちゃうような衝動に駆られちゃうでしょう。

 

■「あなたにしか頼めない」と甘える

「○○くんにしか頼めないの」とか「○○くんにしかできないと思う」といった言い方で甘えるのは、男性にはとても効果的です。

プライドをくすぐることができますし、優越感も満たしてあげられるので、男性はかなり気分がいいはずです。

他の男性ではなく「あなたじゃなきゃダメ」と言われると、男性も何とかしてあげたいと強く感じます。

「困ったことがあったら俺が何とかしてやろう」なんて気持ちも芽生えるので、あなたのことを意識し始める可能性だって高いですよ。

 

■「2人きり」になったら甘える

男性は人前でイチャイチャしたり甘えられたりするのを嫌う人が意外と多いです。

恥ずかしさもあるし、冷やかされたくないという思いもあったりするので、あまりうれしいという気持ちにはならないかもしれません。

ただ、2人きりになった途端に甘えられると、それはかなりドキッとします。

今まで普通に接していたのに、急に女の顔を見せられたら、そのギャップに男性は心をつかまれるはず。

ずっと甘えたかったのをガマンしていたようにも見えるので、そんな健気な姿には胸キュンもしちゃうでしょう。

 

甘えるのもやり方を間違えてしまうと、鬱陶しく思われたりする可能性もあります。

男性をドキッとさせるような甘え方ができれば、あなたのことを意識するようにもなってくれるはずですよ。

【画像】

※  Dean Drobot/shutterstock