セットプレー1発を守りきったバルサ

写真拡大

[9.27 欧州CLグループリーグ第2節 S・リスボン0-1バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節2日目が27日に行われ、D組ではバルセロナ(スペイン)は敵地でスポルティング・リスボン(ポルトガル)に1-0で完封勝利。リーガ・エスパニョーラで開幕6連勝を記録している勢いそのままに、欧州CLでも開幕2連勝を飾った。

 試合後、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「今日の試合は相手の難易度と今後の展開の上で運命を分けるものだった」とこの日の試合の重要性を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 決勝点が生まれたのは後半4分。左サイドからFWリオネル・メッシが蹴り出したFKがFWバス・ドスト、FWルイス・スアレスに当たり、最後はDFセバスティアン・コアテスに当たってゴールイン。このオウンゴールが決勝点となり、バルセロナは1-0で勝利した。

「我々は良い形でゲームに入って行った。前半と後半の立ち上がりに試合を支配した。ダメ押しをすることができず苦しんだが、我々は勝利を喜んでいる」と振り返った指揮官。

「スポルティングは素晴らしいチームで、戦前から分かっていたが彼らと戦うのは厄介だった」と相手を称え、「この大会は短期決戦でこれから直接対決があり、何があるか分からない。先は長く、スポルティングには大きなチャンスがある」とエールを送った。


●欧州CL17-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集