柏木の同点ゴールをアシストした興梠。裏を狙い続ける姿勢が結実した。(C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

[ACL準決勝 第1レグ]上海上港 1-1 浦和/9月27日/中国・上海体育場

 ACL準決勝の第1レグ、浦和は破壊力抜群の上海上港を相手に、グループステージ時の対戦で採用した3バックではなく、国内でのここ数試合で採用している4バックで臨んだ。遠藤航、マウリシオ、阿部勇樹、槙野智章の4人の前には、アンカーとして青木拓矢が立つ。実質的には4-1-4-1のようなシステムだが、押し込まれた時には、4-3-2-1に変形した布陣で守る時間帯も少なくなかった。

 
 自陣に人数を割きながらも浦和のDF陣は1対1を恐れずにファイトしていた。しかし、15分、ボールを持ったフッキが青木をかわし、ドリブルで突進すると、ペナルティエリア手前からミドルシュートで先制点を決める。
 
「また先制点を許したのかとは思ったけれど、相手の巧さを認めざるを得ない得点だった」と興梠慎三が振り返る。彼自身は何度も裏へ抜ける動き出しを見せたが、オフサイドや相手の守備にそのチャンスを阻まれ続けていた。
 
 20分にはエウケソンが絶好機でシュートを放つが、GK西川周作が右手1本でファインセーブ。守護神の好守でピンチを凌ぐと、浦和にビッグチャンスがやって来る。27分青木からのループパスを受けた興梠が落とし、それを柏木陽介が右足でダイレクトシュート。浦和が貴重なアウェーゴールを奪い、同点に追いついた。
 
 柏木へラストパスを送った興梠が語る。
「青木からいいボールが来て、裏を獲れた。ただ落としが雑だったので、決めてくれてよかった。陽介や青木がボールを持った時は、足もとじゃなくて、裏を狙おうと思っている。僕のところで起点ができれば、チャンスが増えると思うので、青木にも要求している」
 
 確かに失点シーンに絡んだとも言えなくはない青木だったが、同点弾の起点となっただけでなく、疲労度の増した後半を無失点で逃げ切った浦和の攻守をコントロールし、うまくバランスをとっていた。なにより追加点を許さなかったのは大きい。
 
 青木が試合を振り返る。
「失点をしてしまったけれど、うまく切り替えられた。失点しないようにという気持ちもありましたけど、失点をしても、点を獲りに行こうというのは、試合前から話していたので、点を獲れたのは良かった。疲れもあって攻め込まれるシーンもあったけれど、自分たちでイニシアチブを握れていたと思うし、敵陣までボールを運べていたので、もっとシュートを打っていくべきだと思います」
 
 パスをつなぎ、攻撃を構築してきた浦和にとって、味方との距離は非常に大きな意味を持つ。守備に比重を置けば前線が孤立してしまうケースが多いのも、システムを変えて広がった味方との距離感が原因だろう。「このフォーメーションでは自分にボールが入ってくるシーンは少ない。だから裏を狙いたい」と興梠が話しているが、そのためにも青木からのくさびの縦パスや攻撃参加は重要で、彼の存在が試合の行方を左右する。
 
「最近は(興梠の)動き出しを見るように意識している」と話す青木が続ける。
 
「このフォーメーションで戦うことで、良くなっていると思います。(Jリーグでは)引き分けが多いけれど、すべての試合で、悪い内容だとは思ってはいなくて、本当に『あとは点を獲るだけ』というゲームが続いていたので、ここからもっともっと向上させていきたい」
 
 この日の同点弾を演出したパスは、青木にとって大きな自信となるはずだ。
 
取材・文:寺野典子(フリーライター)