今季限りでの現役引退を発表したFC東京MF石川直宏【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

FC東京の最古参選手、今季限りでの現役引退を発表

 1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。この世代の中心的選手であり、今季限りでの現役引退を発表した石川直宏は、同世代の選手たちへ感謝の思いを口にする。(文:元川悦子)

----------

 9月9日のセレッソ大阪戦を1-4で落とした翌日、FC東京の篠田善之監督が解任された。すでに天皇杯、Jリーグルヴァンカップを落とし、J1優勝も遠のく中、2年連続のシーズン中の監督交代が行われたことに最も胸を痛めているのが、チーム最古参選手であり、今季限りでの現役引退を明らかにしている石川直宏かもしれない。

 横浜マリノスジュニアユース追浜、同ユースを経て、2000年にトップに昇格した彼がFC東京に赴いたのは2002年4月。前年にアルゼンチンで開催されたワールドユース(現U-20ワールドカップ)での活躍を現地で目の当たりにした原博実監督(現Jリーグ副理事長)に熱望され、レンタル移籍することになった。

「僕が来た頃のFC東京はJ1昇格から間もなく、代表経験者もユキさん(佐藤由紀彦=同U-15むさしコーチ)1人くらい。みんなが一丸となって泥臭く諦めずに戦うのが、このクラブの伝統だったと思います。

 その後、2004年、2009年のJリーグヤマザキナビスコカップ優勝などを経て、個人能力の高い選手が入ってくるようになり、佑都(長友=インテル)やモリゲ(森重真人)、ヨッチ(武藤嘉紀=マインツ)のように日の丸を背負う選手がいるのが当たり前になった。

 そうやって時代もチームも変化する中、長く在籍した自分がピッチで『FC東京の伝統』を体現したいという思いはつねに抱いていました。でも2年前の8月2日のフランクフルトとの親善試合で左ひざ前十字じん帯を断裂してしまった。復帰を目指してリハビリを続けてきたけど、それが叶わないのが苦しかった。選手としては致命的でした。

 そして今年の天皇杯でチームが長野パルセイロに負けた時、『もっと前向きな気持ちで新たな道を開きたい』と考え、引退を決断したんです。それでもシーズンはまだ続いているし、自分にはピッチに戻るという目標がある。それを目指して努力することで、チームに何かを残せればいい。そう思っています」と石川は率直な本音を打ち明けた。

負傷に悩まされたプロ生活。W杯本大会メンバー入りは果たせず

 思えば、彼のサッカー人生は紆余曲折の連続だった。FC東京でスピードスターとして名を馳せた彼は、ジーコ監督時代の2003年に同世代の選手たちのなかでいち早く日本代表に選ばれた。2004年アテネ五輪ではラストのガーナ戦のみの出場にとどまったが、FC東京の初タイトル獲得の原動力となるなど、目覚ましい成長を続けた。

 2005年夏にはセリエAへの移籍話も浮上。「環境を変えたらどうなるのかなと思い始め、海外移籍も視野に入れ始めたが、まだ自信がなかったから最終的に断った」と本人が述懐する通り、もう少し経験を積んでからの挑戦を考えていたが、その矢先の古巣・横浜FM戦で右ひざ前十字じん帯損傷および右ひざ外側半月板損傷の重傷を負ってしまう。最も勢いに乗っていた時期の長期離脱は石川に重くのしかかった。

 その後、足踏み状態が続いたが、2008年頃から再びキレと迫力を取り戻し、2009年のクラブ2度目のタイトル獲得にも貢献。岡田武史監督(現FC今治)率いる日本代表にも再抜擢され、2010年南アフリカワールドカップ有力候補とも目されるようになった。が、フタを開けてみると、23人からは落選。小笠原満男(鹿島)らとともに予備登録メンバー7人に名を連ねることになってしまう。

 2010年代に入ってからはクラブのJ2降格、腰椎椎間板ヘルニア発症、若手の台頭による出場機会減なども味わうことになる。そして2年前の左ひざ負傷である。誰よりも責任感の強い石川には「東京らしさを表現するのは自分だ」という強い自負があり、辛く苦しいリハビリにも耐え続けたが、その努力は思うように結果に結びつかなかった。

「若い頃はA代表に定着して、ワールドカップに出て、Jリーグでも優勝してシャーレを掲げ、海外にチャレンジする……といった理想を思い描いていたけど、決断した以上は後悔はないです。『起こること、全て善きこと』という言葉を長澤徹(岡山監督)さんがよく言っていたけど、自分も1つ1つの運命を受け止めるしかない。自然体の生き方しかできないのが石川直宏という人間なんです」と彼は爽やかな笑みを浮かべた。

南アW杯で「『俺らはやれるんだ』と同世代の仲間が証明してくれた」

 そうやって石川が自分らしく生きられるのも、81年生まれの仲間たちの影響が少なからずあるはず。かつて「谷間の世代」と称された選手たちは実に個性豊かだ。

 同じFC東京のチームメートである前田遼一、浦和レッズのキャプテンマークを巻く阿部勇樹、今季J2アシストランクトップの駒野友一(福岡)、36歳にして海外に再チャレンジした松井大輔(オドラオポーレ)のように現役にこだわる選手もいれば、引退してビジネスを立ち上げると同時にプロゴルファーを目指す鈴木啓太(元浦和)、大分市議会議員として地元のスポーツ振興を目指す高松大樹(元大分)のような人材もいる。

「僕らの世代は物凄くまとまりが強いんです」と石川も語気を強める。

「『谷間の世代』と長い間、言われてきたけど、『ああそうか』って納得してたやつは1人もいないと思いますね。ユース代表の頃、監督の西村(昭宏=高知ユナイテッドスーパーバイザー)さんやコーチの剛(小野=FC今治育成副部長)さんに『谷間と呼ばれて悔しくないのか』とよくハッパをかけられていたけど、僕自身は『絶対に黄金世代(79年組)を超えてやろうう』と思っていたから。それはみんな同じだったんじゃないかな。

 とはいえ、あの時点では小野伸二(札幌)さんやヤット(遠藤保仁=G大阪)さんたちとの実力差は感じてました。彼らは憧れの存在だったし、プロ1〜2年目でJリーグの試合に出ていましたからね。ただ、2002年日韓ワールドカップに出た市川(大祐=清水アカデミースタッフ)さんとは1つしか違わなかった。決して遠い存在じゃなかったし、『自分たちもやればできるんだ』って気持ちは心のどこかにありました。

 それが結実したのが2010年南アワールドカップだったのかな。コマちゃん(駒野)がパラグアイ戦でらPKを外したことがクローズアップされるけど、コマちゃん、松井、阿部ちゃん、闘莉王(田中マルクス闘莉王)、嘉人(大久保=FC東京)、今ちゃん(今野泰幸=G大阪)、矢野貴章(新潟)、岩政(大樹=東京ユナイテッド)といった選手たちがアテネ世代から出た。

 アテネで惨敗して『この野郎』って思ったメンバーが奮起したから、日本は16強入りできたと思います。僕は最終登録に入れなかったけど、『俺らはやれるんだ』『力があるんだ』と同世代の仲間が証明してくれた。そういう選手たちと切磋琢磨することができ、いい時代を過ごせたことに心底、感謝しています」

「もう一度、背番号18のユニフォームを着て、みなさんの前でプレーできるように」

 つねにサッカーや関わってきた人々への感謝とリスペクトを忘れず、真面目にひたむきにキャリアを過ごしてきた石川。そんな爽やかなフットボーラーが残した足跡や存在感は彼が現役を退いたとしても絶対に消えることはない。

「引退後はまだ何をするか決めていません。16年間在籍し、恩のあるFC東京のサポートは続けていきたいけど、クラブの中にいる方がいいのか、外に出た方がいいのかはまだハッキリしないですね。何が正解か分からないけど、自分が自然体でいられて、清々しい表情でいられる仕事ができたら理想的ですね。

 その前に自分がやるべきなのは、ピッチに立つ努力を続けること。今季リーグ戦も残り10試合を切り、残された時間は刻一刻と少なくなっていますけど、12月2日の最終節・ガンバ大阪戦まで諦めるつもりはない。もう一度、背番号18のユニフォームを着て、みなさんの前でプレーできるように、1日1日を大事にしていきます」

 誰よりもFC東京を愛する36歳のベテランMFが完全燃焼してくれることを願ってやまない。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子