ビジネスでは、話し方で得をする人と損をする人がいます。一生懸命話せば良いというわけでもありませんし、丁寧に話せば良いというものでもありません。今回は、ビジネスで役立つ&効果的なしゃべり方をお伝えします。

「伝えたいことを伝える」ためには、まずは結論から話そう

人に話を伝えようとする時には、まずは「最も伝えたいこと→要点」を先に伝えましょう。説明は、相手があなたの伝えたいことを受け止めてくれてから話すと良いでしょう。

丁寧な説明は、相手が要点に対して「知りたい」と思ってから話して構いません。むしろ、説明が長いと相手が話に飽きてしまいます。

話すスピードは、女子アナを意識してみよう

好感度が最も上がる話のスピードは、「1分間に300文字話すスピード」と言われています。具体的には、ニュースキャスターや女子アナウンサーの話すスピードを意識してみて下さい。

話す声のトーンは甲高すぎず、低すぎず。声の発音は、ハッキリ話すことが大切です。特に話のトーンを途中で変えたり、語尾を濁したりするのは避けましょう。話のスピードも、速すぎず遅すぎず。アナウンサーの方々は、「相手に心地よく伝える話し方」のプロだけあって、とても心地よい話し方の方が多いので参考にしやすいと思います。

もし「話し方がわかりにくい」「話すスピードが遅くてイライラする」などと言われている時は、一度ニュース番組などを見て、アナウンサーの話し方をチェックしておくと良いかもしれません。

顔の見えない電話では、特に注意を!

人の話を聞くときは、話すよりも聞く姿勢を

人の話を聞いた上で、何かを話す時の話し方は「自分の意見を言う」よりも「わかりました」「すいません、今の話がわからなかったのでもう一回教えて下さい」と、相手の話について理解したか・していないかを伝え、もしもう一度教えてほしいなら「すいません」と言ってもう一度教えてもらえるようにお願いして下さい。

また、人に話をする時も話を聞くときも相手の目を見ることは大切です。また、人の話を聞くときはメモの用意をして下さい。

メモを持って話を聞くことで、相手に「話を聞きたい」といった姿勢を示しましょう。また、自分が話をして相手がメモを取っている場合は相手がメモを書きやすいスピードで話をし、時々「書いた?」と確認してあげるようにしましょう。

話すスピードで得をする!?ビジネスに役立つ喋り方まとめ

ビジネスで伝えたいことを相手に話す時は、まず要点・結論から先に話すようにして相手をイライラさせないようにしましょう。人に話をする時は、発音をハッキリ・声のトーンに抑揚を無駄につけないようにしましょう。話し方、話のスピードは、好感度の高い女子アナの方を参考にすると良いですね。

特に好感度の高い女子アナの話し方は、好感度を意識しているだけでなく事実を人に気持ちよく伝えることに関してもプロが多いのでオススメです!