中国では省エネ・汚染物質排出削減政策がますます厳格になり、日系ブランドも中国国産車の電動化の歩みを加速させている。

写真拡大

中国では省エネ・汚染物質排出削減政策がますます厳格になり、「ダブルスコア制度」(自動車メーカーの平均エネルギー消費量のスコアと新エネルギー自動車のスコアを利用した省エネ車推進政策)の実施やガソリン車の販売停止などの政策のタイムテーブルもますます明確になっている。多国籍大手自動車メーカーも中国での配置を加速させている。フォルクスワーゲン(VW)やフォードは相次いで中国メーカーとの提携により政策への対応を目指し、日系ブランドも中国国産車の電動化の歩みを加速させている。北京晨報が伝えた。

▽ホンダは東軟と提携

ホンダは今月11日、中国の合弁企業2社、東風ホンダ汽車および広汽ホンダ汽車と共同で、2018年に中国で売り出す電気自動車(EV)を共同開発すると発表した。完成すれば東風ホンダと広汽ホンダの工場でそれぞれ製造し、両社の既存の販売ネットワークで販売するという。ホンダ中国の水野泰秀本部長はこのほど、「中国は情報技術(IT)、車載設備、相互接続などの技術分野ですでに世界の発展を牽引している。ホンダは新たな自動車市場の変革に対応するため、EVの開発システムを大幅に強化しているところだ。日進月歩の中国市場に向けて、ホンダは中国トップレベルのITソリューション・サービスサプライヤーの東軟集団と提携し、EVのバッテリー管理技術、車両データのクラウド管理、スマート車載設備の相互接続などの中核技術を共同開発する。ホンダの計画では2018年に中国市場向けに広汽ホンダ、東風ホンダ、ホンダ技研が共同開発したEVを打ち出し、合弁会社のブランドで販売することになっている」と述べた。

▽日産は中国専用EV

ホンダだけでなく、日産とトヨタもEVプロジェクトを急ピッチで進めている。日産は目下、中国でEVを販売する唯一の大手日系メーカーだ。初代リーフは14年に中国で発売され、ヴェヌーシアブランドの下で国産化が行われ、名前を「啓辰晨風」に変更し、日産の中国市場における大量のデータと経験の蓄積を支えた。

9月6日、日産は日本の東京で次世代リーフの世界初公開イベントを行った。日産上層部によると、「日産はEVの分野でいろいろなことをやってみたいと考えており、まもなく明確な戦略ができあがる。日産の計画では、未来の中国市場におけるEV製品の中・小型車市場と高級車市場で配置を進めていく。日産傘下の高級車ブランドのインフィニティの将来のEVモデルは中国国産化を実現させたい。中・小型車市場では、日産はリーフ新モデルを中国では販売しないが、このモデルをベースにして東風集団と協力して中国市場向けに特別に生産するモデルが、来年に発売になる」という。先に日産の中国合弁会社の東風日産の関係者が話したところでは、「東風日産は中国人消費者の好みやニーズを踏まえ『オーダーメード』で特定のモデルを打ち出し、東風日産の下で販売を行い、啓辰のロゴに変えて販売するようなことはしない」という。

▽トヨタの電動化は進むか

これと同時に、トヨタの中国での電動化戦略も加速する可能性がある。トヨタは先に、「2018年に中国で一汽トヨタと広汽トヨタにより現地でプラグインハイブリッド車(PHV)を製造する」と発表し、EVについては慎重な態度を取っていた。中国合弁企業の一汽トヨタと広汽トヨタは、それぞれ13年と14年に新エネルギー車として力を入れた合弁独自ブランドのRANZとLEAHEADを打ち出したが、まだEVは1台も発売していない。中国の大型モーターショーで披露するのはすべてコンセプトカーだ。中国でガソリン車の販売停止政策の路線がますますはっきりするのにともなって、トヨタが中国でのEV国産化の歩みを加速させることは確実とみられる。最新の情報では、トヨタも19年に中国でのEVのSUVの発売を検討し始めている。また水素を動力とした燃料電池車(FCV)を次世代環境保護カーの主軸と位置づけ、早ければ今年10月にも中国で実証実験を開始する計画だ。トヨタのFCVミライはすでに日本で発売されており、北京モーターショーにも登場した。(提供/人民網日本語版・編集KS)