井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

IBF王者アンカハスへの挑戦権を獲得しているスルタンが井上に言及

 ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。すでに2階級を制覇している24歳は、WBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、元WBC王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)らスター揃いの軽量級でも「最高の実力者」と評価される中、「彼と戦うことができるなら光栄の至り」と敬意に満ち溢れた“挑戦状”が届いている。フィリピン紙「セブ・デイリーニュース」が報じている。

「(井上と)日本で戦うことができるのなら、僕にとって光栄の至りだ」

 こう語ったのは、IBFスーパーフライ級世界ランク8位のジョナス・スルタン(フィリピン)だった。

 スルタンは9月16日に行われた同級3位のジョンリエル・カシメロとのフィリピン人対決で12回判定勝ちを収め、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)への挑戦権を獲得している。

 キャリアで14勝3敗のスルタンは過去に日本で2試合を戦っており、2015年は翁長吾央(大橋)に敗戦、16年には池水達也(井岡)に勝利。日本人選手にとって“刺客”と言っていい男は、「プリティボーイ」の異名を持つアンカハスとの一戦以上に、「The Monster」との戦いにエキサイトしているようだ。

フィリピンの刺客はWBC王者との対戦にも興味「ソールンビサイとも戦いたい」

 そして、スルタンの口からWBC王者の名前も挙がったという。

「僕はソールビンサイとも戦いたい。彼のスタイルが大好きだ。僕のようにとてもアグレッシブだから、ボクシングファンに良い試合を提供できる確信がある」

 世界中でその強さを賞賛された井上。米ボクシング誌「ザ・リング」が全17カテゴリーのボクサーを比較する「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」の格付けで、将来的に頂点に立っても「全くもってショックはない」と米スポーツメディア「ブリーチャーリポート」は分析している。

 世界のファイターたちにとって、「The Monster」は敬意を払うべき相手であり、同時に“輝ける標的”とみなされているようだ。