北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は27日、米国を嘲笑する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、米下院外交委員会委員長が、「北朝鮮の核・ミサイル開発からくる脅威を防ぐための米国とその同盟国の努力が極度に発揮されなければならない、北朝鮮の外貨収入が『アキレス腱』だの、何のと力説した」と指摘した。

つづけて、「朝鮮の威力の源泉がどこにあるのかも知らずにむやみに言い散らす米国政客らの『知識自慢』はそばで聞くにもきまり悪いほどだ」と嘲笑した。

また、「国家活動の全般に具現されているチュチェ思想と自力更生の革命精神こそ、万難を排してわれわれが勝利からさらなる勝利を収められるようにした根本秘訣であった」と主張した。

さらに「米国の政策を操るという政客らが朝鮮についてある程度知っているかのようにほらを吹くのを見れば、米国に本当に人がいないようだという考えが自然に浮かぶ」と述べた。

その上で、「米国が今までわれわれとの対決において失敗に失敗を重ね、国際的恥と嘲弄の対象となってきたのが、決して理由なきことではない。われわれと相手したいなら勉強をもっとすることを米国政客らに勧告する」と強調した。