ナポリのロレンツォ・インシーニェ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは、チャンピオンズリーグ(CL)で記録したゴールを負傷したチームメートに捧げるはずが、危うく別の選手のユニフォームを掲げるところだった。伊紙『レプッブリカ』などが伝えている。

 ナポリは現地時間26日に行われたCLグループステージ第2節の試合でフェイエノールトと対戦し、ホームで3-1の勝利を収めた。前半7分に先制点を記録したインシーニェは、この得点をチームメートのFWアルカディウシュ・ミリクに捧げようとした。

 ミリクは先日右膝のじん帯損傷の手術を受け、長期の離脱を強いられることになった。昨年にも反対側の左膝じん帯の損傷で長期間離脱しており、二度目の悲劇に見舞われてしまった形だ。

 得点を決めてベンチに駆け寄ったインシーニェは、そこで受け取ったミリクのユニフォームを掲げてゴールを捧げようとした。だが渡されたユニフォームはミリクの「99番」ではなく、この試合でベンチに入っていたMFピオトル・ジエリンスキの「20番」。幸いインシーニェはすぐに間違いに気づき、ユニフォームを取り替えた上でミリクのものを掲げた。

 インターネット上では、この場面を面白がるファンによって、インシーニェが手に取ったユニフォームを他の選手のものに差し替えた画像なども作成されている。ナポリからユベントスへの“禁断の移籍”を実行したFWゴンサロ・イグアインのユニフォームを持たせたものや、昨季のナポリ戦で致命的ミスを犯したインテルの長友佑都のユニフォームに差し替えられたものなどもある。

text by 編集部