ダイソンが、独自開発による電気自動車の2020年の市場投入を目指していることが明らかになった。創業者にして代表者のジェームス・ダイソン氏が明らかにした。

【こちらも】電気自動車を巡る話題は国際的に“花ざかり”、コトはそれほど簡単ではない

 ダイソンといえばサイクロン式掃除機のパイオニアとして名高い英国の家電メーカーである。ジェームズ・ダイソン氏は英国人であり、今も本社を英国のウィルトシャーに置く。

 ダイソンはEV参入に向け、バッテリー並びに車体の設計・開発にそれぞれ10億ポンド、約1,500億円の投資を行う。400人余りのエンジニアが、以前から極秘に開発に携わっているという。

 ダイソンがどのような電気自動車を作ることになるのか、その具体的なイメージはまだ説明されていないが、「他者のEVとは根本的に違ったものになる」とジェームズ・ダイソン氏は語っている。

 ダイソンは家電メーカーであり、自動車の製造や販売を行った実績はないが、そのクリエイティビティについては以前からよく知られるところである。ジェームズ・ダイソン氏はかつて、自ら考案したサイクロン式掃除機を何千という試作の末に実用化にこぎつけ、しかしどこのメーカーに売り込んでも相手にしてもらえず、自ら事業を起こしてダイソンを設立したという立志伝中の人物だ。

 そんなダイソンの特徴としてよく知られている事実が一つある。ダイソンは、現在従業員7,000を数える企業に成長していながら、社内にデザイナーを一人も置いていない、というのである。その代わりダイソンにいるのは「デザインエンジニア」と呼ばれる、デザインと技術設計を一人で手掛ける人々で、社員のうち2,000人を占めているという。

 そんなダイソンが、果たしていったいどんな新機軸の電気自動車を世に送り出そうとしているのか。今後の展開を楽しみに待たせてもらうとしよう。